斜角筋(しゃかくきん)

首の痛みまたは、片側の手・腕が痛い・しびれ感があるといった場合、整形外科に行きますとレントゲンを撮って「首の骨の神経が出ている隙間が狭い」からと言われたことがあると思います。

これは整形外科での診断名でいいますと「頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)」というものになります。

要するに、頚椎の骨と骨との隙間から出ている神経が狭くなって神経を圧迫して首の痛みまたは、片側の手・腕が痛い・しびれ感があるといった原因になっているということです。

実は・・・

どんな形であれ、神経は圧迫されるだけでは症状が出るといった医学的根拠はありません!

そういった意味で可能性があるのならば、神経の圧迫が続いた結果、神経の周りの血管が圧迫されて血流が悪くなり症状が出ていること考えられます。

また当院でのほとんどのケースは、斜角筋(しゃかくきん)と言われる首のすぐ横にある筋肉にトリガーポイントといったいわゆる頑固なこりが症状の原因になっていることが多いです。

実際に施術をしておりますと、斜角筋のトリガーポイントに刺激をしてスパイラルテープを行うと症状が楽になる患者様が非常に多いです。

トリガーポイントについては下記をクリックしてご覧ください

http://hks-ishii.com/torigar/ (トリガーポイント療法)