交通事故でのむち打ち(バレー・リュー型)

交通事故でのむち打ち損傷4つ目の病型のバレー・リュー型についてお話しさせて頂きます。

まずは、バレー・リュー症候群についてご説明させて頂きます。

バレー・リュー症候群とは、フランスの神経学者Barre(バレー)が1925年に、その門下生のLieou(リュー)が1928年に首の後ろにある交感神経症候群(後部頚交感神経症候群)として発表されて”バレー・リュー症候群”としての名前になったのが由来です。

バレー・リュー症候群の定義は「椎骨神経(首の交感神経)という場所に交通事故の外傷などによって生じる頭痛・めまい・耳鳴り・目の障害(視障害)・声がかすれる(嗄声)・首の違和感・疲労感・血圧の低下などの自覚症状を主とするもの」と言われております。

しかし、医学的にその発生の原因に関しては確立されていないのが現状で、心理的な原因(心因性)の影響も考えられるとも言われております。

 

交通事故でのバレー・リュー型の症状は、一般的に交通事故後、首の痛みだけでなく、頭痛・めまい感・吐き気などの自律神経症状が合併します。

また、不安感が強くなり不眠なども起こすことがことがあります。

痛みのために、過度の安静をとってしまうと自律神経症状が悪化することがあるため、なるべく交通事故前の生活を続けるようにしながら治療をしていくことが望ましいです。

過度の安静は、関節が硬くなったり(関節拘縮)、うつ状態により痛みを誘発させやすくしてしまい、長期化になってしまう恐れがあるのでご注意ください。

したがってバレー・リュー型は、過度の安静を控えて日常生活を送りながら治療をしていくのが治りが早い近道といえます。

 

八王子めじろ台での交通事故の治療はこちらをクリック

バレー・リュー症候群