雨が降ると痛む(気象病)

梅雨の時期に多い病気のお話しをします。

先日私の知人が、最近朝起きて古傷である坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)が強くなって死ぬほど痛い思いをしたというメールが送られてきました!

色々メールでやり取りをしておりますと、この梅雨の時期に坐骨神経痛が強く出るそうです。

 

よく「雨が降ると痛くなる」、「台風が近づくと古傷が痛くなる」、「低気圧が近づくと古傷が痛くなる」ということを聞いたことがあると思います。

実は近年、認知度が高くなっている『気象病(きしょうびょう)』という病気があります。

気象病とは、天気の気象の変化によって発病したり、病状が悪化したり、古傷がうずいたり、病状の変化が天候によって左右される病気のことをいいます。

気象病の症状は様々あります。

頭痛、めまい、腰痛、関節の痛み、神経痛(坐骨神経痛など)、喘息(ぜんそく)、メンタルの悪化(不安・うつ・イライラなど)、交通事故でのむち打ち損傷など、一般的に自律神経の乱れからくる症状が出るといわれております。

 

では気象病とはどういったメカニズムで起こるのでしょうか・・・?

詳しいメカニズムについては不明ですが、今考えられている気象病のメカニズムの説についてお話しさせて頂きます。

低気圧が近づくと気圧が徐々に下がって雨が降ります。

気圧が下がると、耳の中の内耳(ないじ)という場所にある圧センサーというものががそれを感知し、脳にある視床下部(ししょうかぶ)という場所に信号を送ります。

送られた信号は、視床下部で自律神経系のバランスが興奮状態により活動する交感神経(こうかんしんけい)というものが優位になります。

交感神経の活動が亢進しますと、神経の末端からノルアドレナリンと呼ばれる物質が血液中に放出されて、痛みを感じるセンサーを刺激し痛みを感じます。

これが今考えられている気象病のメカニズムになります。

すなわち、気圧が下がると交感神経の活動が高まって痛みが出たり、または古傷の痛みが悪化するといったことになるというわけです。

 

今は梅雨の時期で『気象病(きしょうびょう)』の方は今後多くなります。

実際に当院でも気象病に悩んでいる患者様がご来院頂いており、治療経過が良い患者様がほとんどです。

お早めに治療をして、気象病の痛みを軽減していきましょう。

あとは、規則正しい生活、十分な睡眠、正しい食生活を!

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台の痛みの治療はこちらをクリック

気象病