妊娠中の腰痛

妊娠中に悩ませる症状の1つに腰痛があります。

「立っていても腰が痛い」「横になっても腰が痛い」「腰が痛くて寝返りが辛い」など・・・

妊娠中の腰痛の原因に主に2つあります。

① 姿勢の変化(お腹が大きくなる)が原因で起こる腰痛
② ホルモンの分泌が原因で起こる腰痛

になります。

①姿勢の変化(お腹が大きくなる)が原因で起こる腰痛について説明させて頂きます。

妊娠して体重が10kg前後になると姿勢の変化が出てきます。

お腹が大きくなると、腰椎(ようつい)と骨盤が前の方向に傾き(前傾)、重心が前の方に移動しやすくなります。

その結果、前に移動しやすい重心を背中の筋肉でバランスを取っているために、背中の筋肉が絶えず緊張状態になって腰痛になりやすくなります。

また、腰椎と骨盤の前方向の傾き(前傾)が強くなると、仙骨(せんこつ)の”おじぎ(仙骨の前傾)”が強くなります。

仙骨の”おじぎ(仙骨の前傾)”が強くなると、腰椎と仙骨の間の腰仙関節(ようせんかんせつ)にストレスがかかり腰痛になりやすくなるのと、仙骨と腸骨(ちょうこつ)で形成されている「仙腸関節(せんちょうかんせつ)」の前の靭帯(じんたい)にもストレスがかかり仙腸関節性の腰痛になりやすくなるものがあります。

仙腸関節(前後)
腰仙関節(ようせんかんせつ)
仙腸関節(せんちょうかんせつ)

次に②ホルモンの分泌が原因で起きる腰痛について説明させて頂きます。

妊娠3ヶ月頃になりますと、“リラキシン”という女性ホルモンが分泌されます。

リラキシンは、胎児が出産の時にお母さんの骨盤を通れるように、関節や靭帯を緩める作用をします。

出産には必要不可欠なホルモンですが、結果、緩んだ骨盤やお尻の筋肉を支えようとして腰痛が起こりやすくなります。

つまり、骨盤が不安定になって腰痛を起こすものです(骨盤不安定症)

 

ストレッチ、体操法、骨盤ベルトなどの対処法がありますが、ご自分に一番あったものを行うと良いと思います。

しかし対処しても腰痛がなかなか取れない場合は、専門の機関に通院されることをおすすめします。

最後にこれは覚えておいてください!

治療院で腰痛治療ができる妊娠時期は安定期(妊娠16~27週)からです。

妊娠安定期前に腰痛治療をしてしまうと流産(りゅうざん)の可能性がありますのでご注意ください!

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台の妊娠中の腰痛治療はこちらをクリック

妊娠の腰痛