肩甲挙筋(けんこうきょきん)

肩甲挙筋(けんこうきょきん)は、首~肩の後ろにあり首(頚椎)~肩甲骨に付着し、頭を支える筋肉です。

肩甲挙筋


この頭を支える肩甲挙筋が肩こり・寝ちがえの原因筋のほとんどです。

というのは・・・

日常、我々は顔を上に向ける動作というのは少なく、顔を下に向ける動作が圧倒的に多いです。

とくにパソコンでのデスクワーク、スマホ・iphoneの操作、字を書くなど、そういった日常生活の動作の中で、顎(あご)を押しだされた姿勢となり、首が前に出ます(頭部前突姿勢 とうぶぜんとつしせい)

頭部前突姿勢
頭部前突姿勢(とうぶぜんとつしせい)

 

上記の図の姿勢を取り続けることで、首の後ろにある肩甲挙筋が引っ張られた状態(緊張した状態)となります。

そして、血流が悪くなり酸素不足となって肩こりを起こす結果となります。

これはいわゆる”現代病”です。

 

マッサージをしてほぐすとその時は改善しますが、効果は一時的です!

なぜなら、筋肉をほぐしたからといって頭部前方姿勢を取り続けることにより、また同じように肩こりが繰り返されると思いませんか!?

当院ではもちろん、筋肉を手で緩めるマッサージ的なことも必要ですが・・・

最も大事なのは、頭部前方姿勢のクセをなくすための姿勢の教育や、肩甲骨の動きをつけて可動域を広げる、さらに首の上の関節(上部頚椎)に遊びをつける、肩甲挙筋をストレッチ、背骨全体の遊びをつけることです!

首・肩だけでなく、背骨全体から治療のアプローチをしていきます。

あとは自宅でのセルフケアをご指導していきます。

たかが肩こりではなく、されど肩こりです!

 

八王子めじろ台の肩こり治療はこちらをクリック