自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)

前回のブログ「自律神経(じりつしんけい)」の続きになります。

前回のブログ「自律神経(じりつしんけい)」はこちらをクリック

 

自律神経失調症(じりつしんけいしっちょうしょう)は、よく使われる病名ですが、確立した診断の基準があるわけではありません

実際は、不定愁訴(ふていしゅうそ ”原因不明の症状の訴え”)があって、検査しても異常がないものにこの病名をつけることが多いです。

自律神経失調症とは、2つある自律神経の交感神経(こうかんしんけい)と副交感神経(ふくこうかんしんけい)のバランスが乱れた状態をいいます。

自律神経(シーソー)

自律神経失調症の原因は、様々なストレスです。

ストレスには、肉体的ストレスと精神的ストレスがあり、この2つのどちらかが過剰な刺激になると自律神経失調状態となることが多いです。

例えば肉体的ストレスは、睡眠不足・運動不足・多忙な仕事・気候・栄養不足・不規則な生活・育児など・・・

精神的ストレスは、ノルマ・業績不振・プレッシャー・会社の異動・いじめ・引っ越し・家計・挫折などです。

 

自律神経失調症の症状には色々なものがあります。

代表的な症状として、不眠・汗を多くかく(多汗)・頭痛・めまい・吐き気・ほてり・のぼせ・動悸(どうき)・肩こり・腰痛・イライラする・うつ状態・気分が落ち込む・やる気がでないなどの肉体的・精神的症状が出ます。

症状のあらわれ方は個人差が大きいのが特徴です。

 

当院で行う自律神経失調症の治療は、東洋医学的な自律神経に効果の高いツボを刺激する鍼灸治療(はりきゅう)や、自律神経が集まっている脊髄の神経の流れをよくするカイロプラクティックでの背骨・骨盤矯正を行います。

どちらにしても、患者様の体の状態やご希望などのよって治療法を決めさせて頂きますので、ご安心して受けることができます。

ただ、症状が出たら放置するのはやめましょう!

症状が出たらお早めに治療を!

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台の自律神経失調症の調整はこちらをクリック