身体の歪みパターン

人間には身体の歪みパターンというものがあります。

人間はLateralization(ラテラリゼーション)といわれる一側優位性(いっそくゆういせい)の中で日常生活を送っております。

つまり「利き手」「利き足」「利き目」「利き耳」など、その人が使用しやすい側の運動器(うんどうき)や感覚器(かんかくき)を無意識に多く使用して日常生活を過ごしております。

日本人の約94.5%は右利きといわれており、それに従って当然社会のシステムは右利き用に造られているものが多いです。

包丁やハサミなどの家庭用品、電車の自動改札口の切符入れとスイカボタン、自動販売機のコイン入れなどです。

そういった中で、利き手である右手が不便なく効率的に使用できるように社会は構築されております。

それに対して、左側は体重を支えるなどの身体の軸となる役割りをしております。

こうして、人間の行動の中で“左が軸”、”右が使用する側”と役割分担があるため、身体の歪みのパターンが決まってきます。

では左利きの人はどうなのでしょうか?

先ほどお話ししたように、社会のシステム自体が右利き用に造られているため身体の歪みパターンに大きな変化はありません。

ではどういった身体の歪みのパターンになるのでしょうか?

こちらになります↓

身体の歪みパターン
身体の歪みパターン

 

上記は背中側からみた図になります。

図は少し大げさの身体の歪みになります。人によって個人差はありますがmm~cm単位での身体の歪みとなります。

背中側からみて身体の歪みパターンは・・・

・右の肩甲骨が前側に移動
・首が左側にカーブ
・胸部(胸椎)が右側にカーブ
・腰が左側にカーブ
・右の骨盤が後側・下側に位置
・左の骨盤が前側・上側に位置

といった6つの歪みパターンが生じて、人間は上手くバランスを取るようにしているのです。

これは、30年以上の治療の経験・実績の中でアメリカ公認資格カイロプラクティックドクター(D.C)の山根 悟(やまね さとる)先生が行っているGAP理論(Gravity Attest Points グラビティー・アテスト・ポインツ)というカイロプラクティックでの治療です。

詳しくはまた改めてお話しさせて頂きます。

 

八王子めじろ台での身体の歪み整体はこちらをクリック