ストレートネック

整形外科のレントゲン検査で「ストレートネック」と言われたことありませんか?

ストレートネックとは、文字の通り「まっすぐな頚椎」という意味で、肩こり・寝ちがえ・頭痛・手や腕のしびれなどの原因によく整形外科で言われることがあります。

頚椎の前弯

ストレートネック


もともと首(頚椎)は前にカーブ(頚椎の前弯)
しています(上記の上図参照)。

なぜ首(頚椎)は前にカーブしているかといいますと、頭の重さ(荷重の負担)や運動した時の衝撃を体の全身へうまく分散させるように出来ているためです。

しかし、長時間でのパソコン作業やスマホの操作などのよって、上記の下図のような首(頚椎)のカーブがストレートネックなってしまいます。

ストレートネックになってしまいますと、衝撃や重さの負担が分散することができなくなるため、肩こりや寝違え・頭痛などといった症状が出るというわけです。

 

当院にご来院頂いてる患者様の中でもストレートネックの方は非常に多いです。

「ストレートネックって治るんですか?」とよく聞かれることがありますが、治療やセルフケアをしっかりすれば改善できます!

治療は、ただ首周りだけを治療しても効果はありません。

人間の背骨はS字状(頚椎 ⇒ 前カーブ、胸椎 ⇒ 後ろカーブ、腰椎 ⇒ 前カーブ)に弯曲(わんきょく)したカーブをしており、また背骨全体が連結して連動しながら動きます。

脊柱

したがって、ストレートネックで首周りだけを治療しても、その下にある背骨や土台の骨盤を治療しなければ改善にはなりません!

ストレートネックは骨盤~首(頚椎)まで当院では治療をしていきます。

セルフケアは「姿勢改善」です!

ストレートネックになりにくいための姿勢を指導させて頂きます。

 

八王子めじろ台のストレートネック治療ならこちらをクリック