上部頚椎(じょうぶけいつい)

上部頚椎(じょうぶけいつい)とは、背骨の最も上にある第1頚椎と第2頚椎のことです。

上部頚椎は、重い頭を支えて全身のバランス保持に大きく関与しております。

また、脳から全身への神経情報が最初に通るところで、最も神経が集中している特別な場所でもあります。

 

上部頚椎
上部頚椎(じょうぶけいつい)

 

頚椎ヘルニアを起こす多くは、上部頚椎が硬くなってその他の頚椎(下部頚椎)で動きを強くするため、頚椎のクッションである椎間板(ついかんばん)に負担がかかり、ヘルニアになりやすくなります。

頚椎の横にある神経が通る穴を圧迫して、片腕への放散痛(ほうさんつう)やしびれ感を症状とする、頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)も同じです。

頚椎ヘルニアと頚椎症性神経根症、肩こりや頭痛などの原因と言われる「ストレートネック」のほとんどの場合、上部頚椎が硬くなって動きが少ないことが多いです。

 

そういった中で、当院では上部頚椎の治療は大変重要視しております。

“ホールインワンテクニック”という上部頚椎の治療を行っていきます。

ストレートネックにお悩みの方は参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台での上部頚椎の治療はこちらをクリック