腰方形筋(ようほうけいきん)

筋肉が原因の腰痛の多くは、腰方形筋(ようほうけいきん)の緊張(硬さ)です。

 

腰方形筋は、腰(腰椎)の左右両側の横にあり、わき腹の安定と骨盤の安定に深く関係しております。

 

 

腰方形筋
腰方形筋(ようほうけいきん)

 

 

腰痛になりますと、この腰方形筋にトリガーポイントといった”いわゆる頑固なコリみたいなもの”が出来やすくなります。

 

トリガーポイントの特徴は、関連痛(かんれんつう)といってトリガーポイントができる場所と痛みがあらわれる場所が離れているということです。

 

腰方形筋のトリガーポイントの場合、お尻や股関節に痛みが出ることが多いです。

 

 

腰方形筋トリガーポイント

 

 

当院では筋肉が原因の腰痛に、腰方形筋のトリガーポイントを治療していきます。

 

手でほぐして腰方形筋のトリガーポイントを取り除くように治療するのですが、ただ単に手でほぐすわけではありません。

 

いわゆるリラックスできるようなほぐし方では、腰方形筋のトリガーポイントを取り除くことはできません。

 

ほぐすというよりも指圧的に押した時に「あ~そこそこ!」という感覚(全ての人がそういう感覚になりませんが)があるような手技で行います。

 

感覚としては、痛気持ちいい刺激です。

 

腰痛にお困りの方は早めに治療をしていきましょう!

 

 

腰痛についてはこちら