熱中症(ねっちゅうしょう)

2016年7月に入り夏で気温が高くなる時期になってきました。

そこで今回は「熱中症(ねっちゅうしょう)」についてお話しさせて頂きます。

熱中症とは、室温や気温が高い中での作業や運動により、体の中の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節がうまく働かなくなり、体温上昇、めまい、体がだるい、ひどいときにはけいれんや意識の異常など、様々な症状を起こす病気です。

熱中症は、軽症(けいしょう)の熱けいれん・中等症(ちゅうとうしょう)の熱疲労(ねつひろう)・重症(じゅうしょう)の熱射病(ねっしゃびょう)の3つに分類されます。

症状は頭痛や疲労感を主とすることから「暑気あたり」といわれる状態や、筋肉がこむら返りを起こす熱けいれん、脱水が主で頭痛や吐き気を引き起こす熱疲労、体温が40℃を超えて意識がなくなる最重症の熱射病まで様々です。

熱中症になられた場合の応急処置は、休息・冷却・水分補給の3つになります。

具体的には、体を冷やしやすいように衣服をゆるめて安静にします。

涼しい場所で休ませるために風通しのよい日陰、クーラーの効いた部屋に移動します。

また、氷嚢(ひょうのう)などで脇(わき)の下、首のまわり、脚の付け根などを冷やし、血液循環を通じて体温を早く冷まします。

意識がはっきりしていれば、水分補給(スポーツドリンク)を行います。

意識障害や吐き気がある場合(熱射病の疑いがある場合)は、医療機関(病院)での輸液(いわゆる点滴)が必要で、救急車を呼んで早急に病院へ搬送してください。

高齢の方は、体温の調節や喉が渇く感覚が鈍くなっていることがあり、結果、室内の通気性が不足、水分摂取不足となって熱中症となります。

そうしますと、生命の危険な状態になることがありますのでご注意ください!

この時期は熱中症には十分お気をつけください。

 

八王子めじろ台の整骨院はこちらをクリック

熱中症