肘の痛み(上腕骨外側上顆炎)

肘の痛みの代表的なものとして「上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)」があります。

上腕骨外側上顆炎は別名「テニス肘」ともいい、中年以降のテニス愛好家の方に起こしやすいことから“テニス肘”と呼ばれるようになったと言われたとされております。

しかし実際は、上腕骨外側上顆炎はテニス以外での日常生活の動作でも起こすことが多いのです。

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)はなぜ起こるのでしょうか・・・?

一般的に、年齢とともに肘の骨に付着している腱が傷んで起こります。

病態や原因については十分にはわかっていませんが、主に肘の外側に付着している筋肉(とくに短橈側手根伸筋 たんとうそくしゅこんしんきん)が使用を繰り返すことにより、肘の外側の痛みが生じると考えられています。

ちなみに、この短橈側手根伸筋(たんとうそくしょこんしんきん)は、手首(手関節)を伸ばす働きをしています。

 

テニス肘

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の症状は、テニスのバックハンド動作・物をつかんで持ち上げる動作・タオルをしぼる動作、パソコンのマウス動作などをすることにより、肘の外側から腕にかけて痛みが出ます。

多くの場合、安静の時は痛みはありません。

 

テニス肘②

 

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)の検査は、患者さんに肘を伸ばした状態のまま手首(手関節)を上に曲げるように指示します。

術者は手首(手関節)に下に曲げる抵抗をかけて、肘の外側に痛みが出れば、テニス肘の可能性があります(トムゼンテスト)

また、手の中指を上に曲げて、抵抗した時に肘の外側に痛みの誘発を確認する検査もあります(中指伸展テスト)。

 

テニス肘(トムゼン) テニス肘(中指伸展)

 

当院でのテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の治療は、痛みの軽減をするために、電気治療・超音波治療(ちょうおんぱちりょう)・キネシオテーピング・スパイラルテーピング・鍼治療(はりちりょう)・筋膜リリース・ストレッチ・テニス肘サポーターなど、患者様の痛みの状態や希望などによって行っていきます。

ただ言えることは・・・

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)をそのまま放置しておりますと、治療をしても痛みが取れるのに時間がかかってしまいます。

どの痛みもそうですが、早期発見・早期治療です!

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台でのテニス肘の治療ならこちらをクリック