腰痛(腰椎すべり症) 八王子めじろ台

 

52歳.女性(会社員)  腰痛(腰椎すべり症)

 

1ヶ月ぐらい前に腰痛を発症。

自宅近くの整骨院に行き、担当施術者から「第5腰椎に階段状の段差の変形の可能性があるため、腰椎すべり症の疑いがある」と言われ、まずは近くの整形外科を受診するようにと指示があり、整形外科を受診した。

整形外科のドクターから「腰椎すべり症」と診断され、湿布・痛み止めの飲み薬(ロキソニン)・胃薬(セルベックス)を処方された。

腰椎すべり症
    腰椎すべり症

近くの整骨院に戻り、担当施術者にそのことを話したら「治療をしながら無理しないで安静にしてください」と言われ治療を続けていた。

治療を続けていたが改善はあまりなく、心配になり担当施術者に腰痛の現状を聞いてみると「腰椎すべり症は治らないです」と言われた。

その後、インターネットで色々な整(接)骨院・治療院を調べて、調べているうちに当院のホームページを拝見し「腰椎すべり症が原因で腰痛になるとは限らない」というフレーズをみて来院。

 

身体の評価をしてみると、腰痛は仙骨の周辺にあって、長時間座っている時、座って立ち上がる時・寝返りの時に腰痛があり、また腰痛を起こす動作が恐怖感で恐る恐る動いている。

腰の前かがみ・後ろに反る動作に痛みのために制限がある。

腰椎すべり症に特徴的な第4腰椎と第5腰椎部の「階段状変形(かいだんじょうへんけい)」もみられる。

腰椎すべり症(階段状変形)
階段状変形(かいだんじょうへんけい)

 

患者様に「医学的に腰椎すべり症が腰痛になるとは限らない」ことを詳しく説明し、また日常生活は安静ではなく、普段通りに生活して頂くことを説明。

また腰椎すべり症になると、第5腰椎からその下にある仙骨の前傾カーブが強くなり、その結果、仙腸関節(せんちょうかんせつ)の前にある関節包靭帯(前仙腸靭帯)にストレスがかかって腰痛が出ることも説明。

患者様の同意で治療開始!

仙腸関節(靭帯)
  仙腸関節の周りの靭帯

 

治療は、腰・お尻周りの筋肉のトリガーポイントをほぐし、仙腸関節のAKA-IM療法と骨盤・下部胸椎にカイロプラクティック手技、最後に仙腸関節のキネシオテーピングを行った。

治療後、腰の前かがみ・後ろの反り・寝返りが軽やかにできるようになった。

3週間に1回の頻度で治療計画で、3回目の治療で腰痛は改善した。

現在は、3週間に1回腰痛予防のために来院。

 

腰痛だけでなく痛みは、痛みのセンサー(受容器)がある皮膚の真皮(しんぴ)・筋肉の筋膜(きんまく)・関節の関節包(かんせつほう)に酸素が不足すると痛みセンサーが刺激されて痛みが出ます。

すなわち、腰椎すべり症で背骨の靭帯が何らかの原因で緩くなり、骨がすべったからといって、痛みセンサーが刺激されることは必ずしもありません!

ですので、腰痛の場合、腰・お尻周りの真皮・筋膜・関節包に手技で遊び(動き)をつけることで症状が改善されることが多いです。

また、痛みがある時に安静にすることは、益々酸素がいきづらい状態となるため、身体にとっては痛みが悪循環になってしまいます。

ですので、痛みがあっても普段の日常生活でできることは動かしていきましょう!

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台の痛みの治療はこちらをクリック