慢性の痛み

慢性の痛みは、1~3ヶ月以上続く痛みのことです。

痛みには「急性の痛み」「慢性の痛み」の2つがあります。

急性の痛みというのは、骨が折れた・筋肉が損傷した・皮膚を切ったなど物理的に障害がある場合になります。

しかし、ケガが治っていても痛みがずっと残るといったことがよくあり、これは「脳が痛みを覚えている」からなのです。

 

慢性の痛みは、ケガや病気で神経が傷ついた時に起こります。

もとの疾患が治ったとしても、神経は傷ついたままなので、痛みの信号が乱れて送り続けているからです。

そのため、小さな刺激でも大きな痛みとして感じてしまうのです。

しかも、神経が治ったとしても、再生を誤って他の神経と“混戦(こんせん)”してしまう事があり、例えば、触覚(しょっかく)の神経と混戦してしまえば「触っただけ」で痛くなり、自律神経(じりつしんけい)の交感神経(こうかんしんけい)と混戦すれば「天候の変化やストレスを感じただけ」で痛みを感じてしまうようになってしまいます。

という結果から、慢性の痛みとは「神経の誤作動で、痛みの信号が乱れて発射される意味のない痛み」というものです。

 

原因の特定できる痛みである急性の痛みは、時がそれを解決してくれる場合があります。

ところが、慢性の痛みはそう簡単にはいきません。

痛みの原因が関節や筋肉の硬さで、そのための“かばった動作”などによるため、その動作を改善しない限り、回復することは困難な場合が多いです。

柔軟性を向上させることや筋力をつけるなど、自分自身の弱点を補うための地道な努力が必要です。

「何もしないで筋肉や関節が柔らかくなった」
「何もしないで筋力がついた」

そんなことはありえません!

それなりの労力をかけなければ望みはかないません。

しかし、変われた人は確実に良くなっております。

「痛みを無くしたいんだけど何もしない」
「痩せたいんだけど何もしない」

これでは何も変わりません!

「最少の努力で最大の効果!」

小さな積み重ねで慢性の痛みを克服していきましょう!

慢性の痛みを改善するためには治療も必要ですが、自分を変えられるかだと思います。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台の慢性の痛みの治療はこちらをクリック

慢性痛