坐骨神経痛(ざこつしんけいつう) 八王子めじろ台

 

28歳.女性(会社員)  坐骨神経痛(ざこつしんけいつう)

 

2年前に原因はよくわからないが、左腰~左脚の坐骨神経痛を発症。

整形外科を来院し、レントゲン・MRI検査で腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)と診断され、神経痛のお薬(リリカ)と痛み止めのお薬(ロキソニン)を処方され様子をみていた。

少しづつ症状は改善はしていたが、長時間立っていたり・座っている時・寝ている時に痛みが出る。

痛みがない時はなく、強い時もあれば、弱い時もある。

なかなか改善が完治しないため、母親の紹介で当院を来院。

 

坐骨神経痛を誘発させる検査(SLR検査(60°)・ブラガード検査)で、左腰~左脚への坐骨神経痛が誘発。

SLRテスト
    SLR検査

仙腸関節(せんちょうかんせつ)の機能異常を確認する検査では、左右の仙腸関節の動き(遊び)が少ない状態。

仙腸関節(靭帯)
仙腸関節(せんちょうかんせつ)

患者様は痛みが出る動作が怖いために、いわゆる痛みが誘発されない“かばう動作(代償動作)”をしており、また、日常はあまり動かないような生活をしている。

 

坐骨神経痛を発症してから2年経過しており、慢性の痛みのメカニズム(機序)をわかりやすく説明し、できるだけ動ける範囲で日常生活で動かしていくことを説明。

また、2年経過しているため腰椎椎間板ヘルニアでの痛みが原因でなく、脳が痛みを記憶してしまっていることと、腰・お尻周りの皮膚の真皮(しんぴ)・筋肉の筋膜(きんまく)・関節の関節包(かんせつほう)が酸欠状態で痛みが出ていることも説明。

しっかり説明して同意をされたうえで治療開始!

 

腰・お尻周りのトリガーポイントほぐし、仙腸関節に遊びをつけるためのAKA-IM療法(関節包内調整)・カイロプラクティック治療、痛みが出ている場所にスパイラルテーピングを実施。

3週間に1回の頻度で治療を続け(治療内容は変わったりもしましたが)、3回の治療で通常の日常生活ができるようになった。

現在は、たまに痛みが出るが日常生活には影響は少なく、3週間に1回の頻度で定期的に治療を継続。

 

「痛みが再現される動作」や「痛みを起こした時の動作」にトラウマになり、不安感・恐怖感を覚えて、その動作を避けてしまうことがあります。

しかし、1ヶ月以上続いている痛みの場合、そのような事は逆に悪循環となり、痛みが取れづらい体になってしまいます(内科・外科的な痛みなどは別です)。

なぜなら、人間には痛みを抑制する信号が働いており、痛みの不安や恐怖のためその動作を避けてしまうと、痛みを抑制する信号が働きづらくなり(脳のDLPFCという痛みを抑制する信号を送る部位に血流が悪くなるため)、痛みが慢性化してしまうことがあります。

したがって、日常生活で痛みがあっても動ける範囲は生活して頂くように当院では指導しております。

ですが「それでも痛いから動かしたくない!」ということがあります。

それは、色々な方法がありますが、まず言えることは「患者様自身が痛みに対する考え方が変えられるかどうか」です!

もちろん無理は禁物です。

参考にして頂ければと思います。

詳しくは下記の「慢性の痛み」についてのブログをクリックしてご覧ください↓

慢性の痛み

 

八王子めじろ台での坐骨神経痛の治療はこちらをクリック