脚のつけ根の痛み(鼠径部痛症候群)

脚のつけ根(股関節)の痛みの鼠径部痛症候群(そけいぶつうしょうこうぐん)は、グロインペイン症候群ともいわれ、ランニングや起き上がり、キック動作などお腹に力を入れたときに鼠径部やその周辺に痛みが生じるものです。

鼠径部痛症候群(グロインペイン症候群)

サッカー選手に多くみられ、一度なると治りにくいのが特徴です。

体幹から股関節の周辺の筋肉や関節の柔軟性(可動性)の低下による拘縮(こうしゅく ※硬くなること)や骨盤を支える筋力(安定性)低下による不安定性、体幹と脚の動きが効果的に連動すること(協調性)ができず不自然な使い方によって、これらの機能が低下し、痛みと機能障害の悪循環が生じ、症状が慢性化していくものです。

何らかの原因で柔軟性(じゅうなんせい)・安定性(あんていせい)・協調性(きょうちょうせい)に問題が生じたまま、無理にプレーを続けると、体幹から股関節周辺の機能的な障害が生じやすくなります。

また、片足で立ってキックを多くするサッカーの動作そのものが発症の誘因にもなります。

 

当院での治療は、体の状態をしっかりと評価し、体幹・股関節の柔軟性・安定性・協調性を出すために、手技治療や運動療法などで改善を目指していきます。

また、再発しないための予防もしっかりと行っていきます。

鼠径部痛症候群は、長期にわたっての治療が必要になることが多いので、根気が必要になります。

ですので、諦めず治療をしていきましょう!

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台での股関節の痛みはこちらをクリック