骨粗しょう症(こつそしょうしょう)

骨粗しょう症とは、骨の量(骨量)が減り骨の中がスカスカの状態になって、骨がもろくなる病気です。

骨がスカスカになりますと、わずかな衝撃でも骨折しやすくなります。

日本には約1,000万人以上の患者様がいるといわれており、高齢化に伴ってその数は増えている傾向にあります。

骨粗しょう症自体は、生命をおびやかす病気ではありませんが、骨折を起こしてしまうと要介護状態になる人も少なくありません。

ですので、しっかり予防していくことが重要となります。

骨粗鬆症(イラスト)

 

骨粗しょう症の症状は、骨粗しょう症になられても痛みがないのが普通です。

しかし、転倒などのちょっとしたはずみのアクションをした時に骨折しやすくなります。

とくに骨折を起こしやすい場所は、背骨脊椎の圧迫骨折 せきついのあっぱくこっせつ)・手首の骨橈骨遠位端骨折 とうこつえんいたんこっせつ)・太ももの付けの骨大腿骨頚部骨折 だいたいこつけいぶこっせつ)・腕の骨上腕骨近位端骨折 じょうわんこつきんいたんこっせつ)などになります。

骨粗鬆症が生じやすい骨折

 

人間の骨というのは、新たに作られること(骨形成 こつけいせい)と溶かして壊されること(骨吸収 こつきゅうしゅう)を繰り返しております。

骨粗しょう症は、このバランスが崩れることで起こり、骨がスカスカになってきます。

骨粗しょう症は圧倒的に女性が多く、とくに「閉経後の女性」に多くみられ、女性ホルモンの減少や老化と関わりが深いと考えられております。

骨粗鬆症(メカニズム)

 

整形外科での骨粗しょう症の診断は、レントゲン・骨密度測定器(デキサ法、超音波法、MD法、CT法)で行います。

 

骨粗しょう症は、予防が非常に大切になります。

日本整形外科学会での骨粗しょう症の予防法は以下の通りになります。

① 転倒しないように気をつける
② カルシウムを十分にとる
③ ビタミンD・ビタミンK・リン・マグネシウムをとる
④ 適量なタンパク質をとる
⑤ 禁煙し、アルコールを控えめにする
⑥ 運動・日光浴をする

 

「②カルシウムを十分にとる」ということは、骨の栄養には良いと皆さんも聞いたことがあると思いますが、カルシウムだけをとっていても骨には全く栄養にはなりません。

そこで、「③ビタミンD・ビタミンK・リン・マグネシウムをとる」ということによってカルシウムの栄養の吸収を助けてくれます。

また「⑥運動・日光浴」は、日光浴はビタミンDを吸収してくれます。

運動に関してはどのような運動が良いかといいますと・・・

骨というのは「圧電現象(あつでんげんしょう)」といって、骨に圧刺激をかけることによって電気反応が生じ栄養されます。

すなわち、骨に圧刺激をかけるということは、重力下(じゅうりょくか)での運動が望ましいということになります。

ウォーキング・ランニング(転倒に注意)といったものです。

水中での運動・自転車こぎは効果が低いということになります。

したがって、「⑥運動・日光浴」を考えますと、野外で日に当たりながらのウォーキングが効果的になります!

 

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台 はりきゅう整骨院イシイ