頭の後ろの頭痛(大後頭神経痛)

頭の後ろの頭痛の原因に「大後頭神経痛(だいこうとうしんけいつう)」というものがあります。

まず、大後頭神経の場所をお話しさせて頂きます。

大後頭神経は下記の図の場所に存在します。

大後頭神経

頭の後ろの支配は「大後頭神経」で、頭の前の支配は「三叉神経(さんさしんけい)」になります。

したがって、頭の後ろに痛み(とくに、耳の後ろが痛みがある)がある場合、大後頭神経痛の可能性が高くなります。

頭痛にはいくつかの種類があり、緊張型頭痛(きんちょうがたずつう)と片頭痛(へんずつう)の2つが二大横綱の頭痛といわれてますが、大後頭神経痛は第3の頭痛とも近年いわれております。

 

大後頭神経痛の典型的な症状は、耳の後ろが痛くなることから始まり、痛む場所が日によって違うというところです。

また、後頭部~頭頂部(頭の上)・頭の前の方へと縦に動く頭痛が特徴的です。

大後頭神経痛

 

なぜ大後頭神経痛が起きるのでしょうか・・・?

主な原因は「不良な姿勢」「精神的ストレス」「天候(気圧)」といわれており、首の付け根(頭蓋骨と上部頚椎)で大後頭神経が挟まれて圧迫、または色々な首の動作で大後頭神経が引っ張られて(伸ばされて)症状が出るといわれております。

 

内科的な治療は飲み薬が基本となり、通常の消炎鎮痛薬(しょうえんちんつうやく)では効果がないとされております。

したがって、三叉神経痛(さんさしんけいつう)の特効薬といわれているカルバマゼピン(製品名:テグレトールなど)というお薬が病院では処方されます。

 

当院での治療は、首の付け根(頭蓋骨と上部頚椎)で挟まれて圧迫しているのを解除するために上部頚椎の矯正を行ったり、首周りの筋肉にできているトリガーポイント(コリみたいなもの)をほぐしたり、鍼を行ったりもします。

 

大後頭神経痛の場合、治療をすれば早く改善することが多いので、お困りの方は早めに治療を行いましょう!

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台の大後頭神経痛の治療ならこちらをクリック