足の裏の痛み(モートン病)

足の裏の痛みやしびれの原因として「モートン病」というものがあります。

モートン病とは、1876年にMorton(モートン)さんという方が発見し、「足の裏にある神経が分かれた枝となり、足の中指と薬指の間(または、足の人差し指と中指の間)にある底側趾神経(ていそくししんけい)という場所が摩擦されて、痛みやしびれの症状を起こす神経炎」のことです。

歩行などにより、底側趾神経が足の中指と薬指の間(または、足の人差し指と中指の間)にある深横中足靭帯(しんおうちゅうそくしじんたい)という場所で、繰り返し摩擦されることにより圧迫され症状が出ます。

また、ひどくなると神経が腫れて「神経腫(しんけいしゅ)」ができることがあり、これを「モートン神経腫」といいます。

モートン病①

 

モートン病になりやすい人の傾向として、自分の足のサイズに合っていない靴を履いていることです。

幅の狭い靴やハイヒールなどを履くことが多い方になりやすいです。

また、足の指の変形での外反母趾(がいはんぼし)、槌趾変形(ついしへんけい)といわれる、いわゆる「足の指上げ足(浮き指)」または「足の反り指」の方にもなりやすい傾向です。

モートン病(浮き指)

 

当院でのモートン病の治療は、足の指の間で圧迫している神経を除圧(じょあつ)していくために、足首・足の指の関節に遊び(動き)をつけていく方法の「関節モビライゼーション」という手技を行っていきます。

必要な方には、スーパーフィートという靴の中敷き(なかじき)行うこともあります。

根本は、靴が合っていないことにより痛みやしびれを生じるため、幅の狭い靴やハイヒールなどの窮屈(きゅうくつ)な靴をなるべく履かないようにすることです。

 

モートン神経腫になられて、痛みやしびれがなかなか取れないことがあり、最悪の場合は手術に至ることもあります。

ですので、足の裏の痛みやしびれがある場合は、早めに治療をしていきましょう!

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台でのモートン病の治療はこちらをクリック