産後の骨盤矯正

妊婦さんにとって出産は1つの大きなゴールになり、出産した後(通常の出産で帝王切開(ていおうせっかい)は除く)に「骨盤が歪む」とよく耳にすると思います。

出産後になぜ骨盤が歪むのでしょう・・・?

それは、胎児を出産するために「骨盤が大きく開く」からです!

恥骨結合(ちこつけつごう)という軟骨が最大9㎜程度のみ広がるといわれております。

 

%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e9%aa%a8%e7%9b%a4

%e7%94%a3%e5%be%8c%e3%81%ae%e9%aa%a8%e7%9b%a4%e2%91%a1

産後の骨盤の開きは、女性ホルモンの影響などで出産後、3ヶ月頃に左右交互に少しずつ縮みながら、ゆっくりと元の状態に戻ります。

骨盤は正常の位置に戻ろうとしますが、横座り(お姉さん座り)・あぐら・イスでの足組みなどの生活習慣が多くなりますと、産後の骨盤の歪みに繋がってしまいます。

また、産後の骨盤が歪んだ状態で、子育てや家事などで腰痛を起こすこともあります。

そういった意味では、産後の骨盤矯正は非常に大事です。

 

骨盤の矯正法は様々ありますが、当院では骨盤を形成する仙腸関節(せんちょうかんせつ)の矯正でのAKA-IM療法(関節包内調整)・カイロプラクティックでの“ランバーロール”という手技を行います。

また必要があれば、スタイレックスというO脚矯正マシンで骨盤を締めていくようにトレーニングを行うこともあります。

骨盤が正しい位置に戻ると、内蔵も正常な位置で機能し、栄養素の吸収が良くなります。

また、血行が良くなることで基礎代謝も上がり、痩せやすい体にもなります。

一例ですが、骨盤矯正後にウエストを計ったら1.2cm減ったという方もおりました。

 

産後の骨盤矯正はいつ頃始めた方がいいか・・・?

当院では、出産してから1ケ月後を勧めております。

なぜなら、1ヶ月前は出産の影響が体に残っておりますので、無理に行う必要はないためです。

できれば、骨盤が柔らかい時期に行うのがベストですので、産後3ヶ月前には産後の骨盤矯正を行うと効果が高いです。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台での産後の骨盤矯正はこちらをクリック