膝の痛み(オスグッド病)

オスグッド病(オスグッドシュラッター病ともいいます)とは、膝のオーバーユース(使い過ぎ)による成長期(10~15歳)のスポーツ障害の代表的な疾患です。

成長期は急激に身長が増し骨も成長をしますが、筋肉や腱(けん)などの組織は骨と同じようには成長はしません。

したがって、硬い身体になる時期でもあります。

そのため、大腿四頭筋(だいたいしとうきん)というモモの前の筋肉を過度に使うことで柔軟性が低下して、ジャンプやダッシュなどのスポーツ動作の繰り返しによる牽引力(引っ張られる力)が膝のお皿(膝蓋骨 しつがいこつ)の下にある突起(脛骨粗面 けいこつそめん)に加わり、膝の痛みとなります。

%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%82%b0%e3%83%83%e3%83%89%e7%97%85

オスグッド病を放置してひどくなってくると、後遺症として脛骨粗面という骨の突起が飛び出てきて、そうしますと、突起部分が膝を衝くと痛くなったり、赤くなったりしてきます。

%e3%82%aa%e3%82%b9%e3%82%b0%e3%83%83%e3%83%89%ef%bc%88%e8%84%9b%e9%aa%a8%e7%b2%97%e9%9d%a2%e3%81%ae%e9%aa%a8%e6%80%a7%e9%9a%86%e8%b5%b7%ef%bc%89

ですので、しっかり治療をしていきたいですね。

 

オスグッド病の症状は、脛骨粗面部を押すと痛み(圧痛)、膝の屈伸(くっしん)の痛み、脛骨粗面部の赤くなる(発赤)が主となります。

 

当院での治療は、電気治療・超音波治療・大腿四頭筋のストレッチ・股関節のストレッチ・膝のお皿(膝蓋骨)の動きをつけるためのモビライゼーション・キネシオテーピングなどです。

炎症が強い時は、アイシング(冷やす)をすることもあります。

とくに重要なのは、大腿四頭筋のストレッチと膝のお皿(膝蓋骨)のモビライゼーションです!

オスグッド用のサポーターをすることもありますが、あくまで予防で痛みのある時は、私の経験上効果がないことが多いです。

 

スポーツの復帰は、本来なら痛みのない状態が望ましいですが、チームの事情などによりプレーをしなければならないこともあります。

したがって、膝の痛みの無理のない範囲で行ってください。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台でのオスグッド病の治療はこちらをクリック