しびれ

「しびれ」は、日常的には様々な意味で用いられる言葉ですが、医学的にいう「しびれ」とは「感覚の異常」のことをいいます。

つまり、「ピリピリする」「ジンジンする」などといった、痛みではなく「いつも感じていない感覚を感じている(痛みとして感じることもある)」ということになります。

「麻痺(まひ)」と「しびれ」を間違って使うことがありますが、「麻痺」は「運動の異常」のことで、「動かない・動きづらい」「力が入らない・入りづらい」という医学的な意味になります。

%e3%81%97%e3%81%b3%e3%82%8c

 

ただ「しびれている」といってもしびれには以下の5つの分類があります。

① 異常感覚(いじょうかんかく)Dys – esthesia: 外からの刺激がないにもかかわらず感じるしびれ
② 錯感覚(さくかんかく)Par – esthesia: 外からの刺激があって感じるしびれ
③ 知覚過敏(ちかくかびん)Hyper – esthesia: 感覚が敏感(びんかん)になる
④ 知覚鈍麻(ちかくかびん)Hyp – esthesia: 感覚が鈍くなる
⑤ 無感覚(むかんかく)An – esthesia: 感覚が無くなる

この中で、いわゆる「しびれ」とは「②錯感覚」のことをいい、例えば「正座してしびれる」「圧迫されてしびれる」などといったもので、しびれの訴えのほとんどが「①異常感覚」と「②錯感覚」になります。

 

しびれは簡単にいいますと下記の図の「感覚器(皮膚)→ 脳」のどこかのルートに障害があると、起こす可能性があります。

%e8%84%8a%e9%ab%84%e8%a6%96%e5%ba%8a%e8%b7%af%ef%bc%88%e7%b0%a1%e7%95%a5%e5%9b%b3%ef%bc%89

上記の図で「感覚器(皮膚)~脊髄に入らない場所」までのしびれを「末梢性の神経障害(まっしょうせいのしんけいしょうがい)」といいます。

それ以外の「脊髄~脳」までのしびれを「中枢性の神経障害(ちゅうすうせいのしんけいしょうがい)」といいます。

 

中枢性の神経障害は、治療院では適応外となるため、専門医(整形外科・神経内科・脳外科)の受診が必要になります。

非常に危険な中枢性の神経障害を疑うしびれは、一般的に「顔を含んだ右半身または左半身のしびれ」「両腕・両足の広範囲のしびれ」です。

末梢性の神経障害を疑うしびれは、「片腕または片脚のしびれ」「片手または片足のしびれ」「両手・両足から上にあがってくるしびれ(糖尿病など)」などです。

 

治療院でのしびれの適応は主に「一側の片腕・片脚のしびれ」または「一側の片手・片足のしびれ」が出ることが多い「絞扼性神経障害(こうやくせいしんけいしょうがい)」といったものです。

また、病院の全ての検査(CTやMRIなどの画像検査も含む)で異常がないしびれも治療院では適応になります。

絞扼性神経症障害とは、神経や血管が圧迫されて起こる神経障害のことです。

例えば代表的な疾患として、胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)・手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)・頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)・腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう)・腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)などなどです。

病院の全ての検査(CTやMRIなどの画像検査も含む)で異常がないしびれは、心因性(精神的なもの)・トリガーポイント(頑固なこり)・仙腸関節(せんちょうかんせつ)の機能異常などといった可能性が考えられます。

 

当院では絞扼性神経障害の場合、神経や血管が圧迫されているため、様々な方法で除圧(じょあつ)していく治療をしていきます。

その他は問題のある部位を治療していきます。

症状が改善しましたら、基本治療は終了となります。

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台での「しびれ」の治療はこちらをクリック