マッケンジー体操

マッケンジー体操とは、ニュージランドの理学療法士 ロビンA.マッケンジー氏 により考案された「腰を反る」ことをメインとしたエクササイズです。

従来までは、腰痛にはむしろやってはいけないとされてきた「腰を反る方向へ動かす体操」で、現在では多くの整形外科や整(接)骨院、治療院、整体院で指導されておりました。

とくに腰椎椎間板ヘルニア(ようついついかんばんへるにあ)を含む「椎間板の損傷」に腰痛の治療や姿勢不良や関節の機能障害による慢性腰痛の治療に効果を上げている治療法です。

日常生活において背中を丸める前かがみの姿勢をとることが多く、そのため、椎間板へのストレスが強くなり、結果、前かがみでの腰痛が起こりやすくなります。

したがって、体を反る方向の動きが制限され、このマッケンジー体操が生まれたというわけです。

 

実際のマッケンジー体操についてご説明させて頂きますが、その前に「腰痛が強い時」「腰を反った時に腰痛がある時」は無理に行わないようにしてください。

では、下記の図をご覧頂きマッケンジー体操を行ってみてください。

 

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%bc%e4%bd%93%e6%93%8d%e2%91%a0
マッケンジー体操(STEP1)

%e3%83%9e%e3%83%83%e3%82%b1%e3%83%b3%e3%82%b8%e3%83%bc%e4%bd%93%e6%93%8d%e2%91%a1
マッケンジー体操(STEP2)

 

以上です。参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台での腰痛での治療はこちらをクリック