左膝の痛み 八王子めじろ台

 

63歳.女性(主婦)  左膝の痛み

 

2~3日前に原因がなく左膝に痛みがあったが、来院当日にスーパーで買い物をして歩いている時に急に左膝がカクッとなった。

左膝の後ろに痛みがあり、歩くのが困難になり当院を受診。

歩いている時に左足をつくと左膝の後ろの痛みが強くなる(びっこを引いて歩いている)。

 

痛みが強いため、検査をしても患者様に苦痛を与えてしまうので、このケースの場合は施術から開始。

左膝を支えている筋肉(大腿四頭筋・ハムストリングス・腓腹筋)に電気治療・キネシオテーピングを行い、その後に患者様が座っている状態から左膝の関節の遊び(正常な関節小さな動き)を出すために関節モビライゼーションという手技治療を実施。

施術終了後、びっこを引いた歩き方は改善し、左膝の痛みも軽減した。

%e5%a4%a7%e9%a1%8c%e5%9b%9b%e9%a0%ad%e7%ad%8b%e3%80%81%e3%83%8f%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%82%b9
 膝を支えている筋肉

 

翌日にご来院頂き経過を聞いてみると、歩行は改善し、左膝の後ろの痛みは全くなくなったが、左膝の内側に痛みがうつった。

そして、左膝の後ろの痛みが軽減したので検査を開始。

階段の上り下りでの痛み、正座での痛み、左膝を曲げると痛い(屈曲110°(左膝の曲げ角度・最大130°)での痛み)、歩き始めの痛み(動作開始時痛)、ややO脚。

いわゆる整形外科での診断名でいうと「変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)」の症状に似ている。

その後、6回の治療で左膝の内側の痛みも改善し、今は大好きな社交ダンスをしながら左膝の予防で来院。

当院で行っているO脚矯正の「スタイレックス」を予防で実施。

%e3%82%b9%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9
    スタイレックス

 

通常は「検査 → 治療」の順に行うのが一般的ですが、このような患者様のケースの場合、検査で痛みを伴って患者様が苦痛でストレスになることがあります。

ストレスが強くなると痛い思いをしつつ治療効果が薄れてしまい、二度とこの院には来たくないという気持ちにもなります。

したがって、このような患者様のケースは「治療」から行っていきます。

歩くのが困難な膝の痛みは、曲げたり伸ばしたりするのも痛いのは当然ですので、検査をするよりも、まずは治療を行うのが先です。

なかには、治療をしながら原因がわかったりすることもあります。

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台での膝の痛みの治療ならこちらをクリック