腰痛のレッドフラッグス(危険信号)

確率は非常に少ないですが、腰痛にも“危険な腰痛”というものがあります。

危険な腰痛を疑う徴候(ちょうこう)として、腰痛の医学では「腰痛のレッドフラッグス(危険信号)」といわれるものがあります。

%e8%85%b0%e7%97%9b%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b9%e2%91%a0

 

・発症年齢が20歳以下、または55歳以上
・時間や活動性に関係のない腰痛
・胸の痛み
・癌の既往(※ 既往 ⇒ 過去に癌を発症)
・ステロイド治療の既往
・HIV感染の既往
・栄養不良
・体重の減少
・広範囲に及ぶ神経症状(急速で進行するまたは明らかな筋力の低下、感覚が全くない、尿がでないなど)
・構築性の脊柱変形(側弯症(そくわんしょう)や後弯症(こうわんしょう)といった背骨の変形)
・発熱

 

%e8%85%b0%e7%97%9b%e3%81%ae%e3%83%ac%e3%83%83%e3%83%89%e3%83%95%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%b9%e2%91%a1

 

以上が、日本整形外科学会の「2012年腰痛診療ガイドライン」での「腰痛のレッドフラッグス(危険信号)」となります。

これらは、重篤な背骨の疾患である腫瘍(しゅよう)・炎症(えんしょう)・骨折(こっせつ)などの合併を疑う徴候になります。

 

また、重篤な背骨の疾患だけでなく、内科的な疾患での腰痛も注意です。

 

・泌尿器系(腎臓、膀胱、尿管の疾患)
・婦人科系(子宮、卵巣の疾患)
・消化器系(胃、十二指腸、すい臓、胆のう、胆道、胆管などの疾患)
・呼吸器系(胸膜、肺の疾患)
・血管系(とくに動脈の疾患)

 

とくに命に関わる血管系の疾患「大動脈解離(だいどうみゃくかいり)」や「腹部の大きくなっている大動脈瘤(だいどうきゃくりゅう)」は緊急に対処しなければなりません。

誘因としては、高血圧・生まれつきの結合組織の疾患(マルファン症候群、ベーチェット病など)、外傷があるといったものです。

症状としては「突然の胸や腰・背中の激痛」がある場合は注意です!

動脈が破裂して、出血多量でショック死する危険があるので是非覚えておいてください。

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台 はりきゅう整骨院イシイ