グルテンフリー

グルテンフリーとは、グルテンという成分を使わない食事方法(食事療法)のことです。

欧米では話題になっているもので、近年、ダイエット法で注目されているものです。

グルテンは、小麦や大麦あるいはライ麦、オート麦などの麦類に含まれているたんぱく質の一種です。

食品でいいますと、パン・ホットケーキ・パスタ・ピザ・シリアル・ケーキ・クッキー・ビールなどに多く含まれております。

%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e2%91%a0

%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e2%91%a2

%e3%82%b0%e3%83%ab%e3%83%86%e3%83%b3%e3%83%95%e3%83%aa%e3%83%bc%e2%91%a1

 

グルテンは、食べるとアレルギーを引き起こす可能性があり、人によっては腸の疾患などを起こす恐れがあるといわれています。

また、重篤になると小腸に炎症が起こり、体に必要な食べ物の栄養分を吸収することができなくなるセリアック病という病気が起こる危険性もあるそうです。

グルテンフリーは、もともとセリアック病や腸の疾患を予防することや、改善を図るために生み出された食事療法だったそうです。

しかし、特にアレルギー体質ではない健康な人々が、この療法を取り入れたところ、体の調子がよくなったとの口コミが広がったそうです。

そのことにより、美や健康に対しての意識が高い人々にも注目され、流行したものとされております。

 

では、なぜグルテンなんでしょうか・・・?

グルテンの中に含まれるグリアジンという物質には、食欲を促進させる働きがあり、パンやスイーツを食べ出すと止まらないという現象を起こします。

また、小麦に入っている「アミロペクチン」というものが、血糖値を急上昇させ、糖化を促進させます。

血糖値が急上昇すると、血糖値を下げるためのインスリンが過剰に分泌されると、脂肪を溜め込み、結果として太りやすくなるというわけです。

ですので、グルテンの過剰な摂取には注意しましょう!

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台 はりきゅう整骨院イシイ