腕に力が入らない(橈骨神経麻痺)

腕に力が入らないという訴えに「橈骨神経麻痺(とうこつしんけいまひ)」というものがあります。

橈骨神経(とうこつしんけい)という神経が何らかの原因で圧迫や損傷され、麻痺(まひ ※動かないあるいは動きづらい状態)した状態を橈骨神経麻痺といいます。

橈骨神経は、首から行く神経が腕の後ろ側を通り、指の後ろ側まで走行する神経です(肘の後ろ側から指の後ろ側の深い枝の神経は、後骨間神経(こうこっかんしんけい)という名前に変わります)。

 

%e6%a9%88%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c

 

この橈骨神経の走行のどこかが圧迫・損傷をすると麻痺やしびれを引き起こします。

 

一般的に橈骨神経麻痺は、肘から上(上腕部)の傷害・肘から下(前腕部)の傷害(後骨間神経麻痺)された場所で症状が異なります。

肘から上(上腕部)の傷害の場合、下垂手(かすいしゅ)といわれる症状が特徴で、手首が伸ばせないあるいは伸ばしづらい状態(手首の背屈不能)になります。

 

%e6%a9%88%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e9%ba%bb%e7%97%ba%ef%bc%88%e4%b8%8b%e5%9e%82%e6%89%8b%ef%bc%89
 下垂手(かすいしゅ)

 

肘から下(前腕部)の傷害の場合(後骨間神経麻痺)、下垂指(かすいし)といわれる症状が特徴、指が伸ばせないあるいは伸ばしづらい状態(指の背屈不能)になります。

 

%e6%a9%88%e9%aa%a8%e7%a5%9e%e7%b5%8c%e9%ba%bb%e7%97%ba%ef%bc%88%e4%b8%8b%e5%9e%82%e6%8c%87%ef%bc%89
 下垂指(かすいし)

 

 

橈骨神経麻痺の中で最も多いのは、肘から上(上腕部)で傷害されるケースです。

よく起きやすいケースは、酔っぱらいの人が自分の腕で腕枕(うでまくら)で寝ていての圧迫で起きたら腕や手首に力が入らなくなったというケース、または女性に腕枕をしながら寝ていての圧迫で起きたら腕や手首に力が入らなくなったケース、その他は、ギプス固定での強すぎの圧迫が多いです。

ちなみに、女性に腕枕をしながら寝ていての圧迫で橈骨神経麻痺が起こるものを別名「ハネムーン麻痺」ともいわれます。

 

治療は一般的に、橈骨神経に麻痺を起こすような原因物(腫瘍・ガングリオンなど)や損傷があった場合は、手術で原因物を除去したり神経を縫合(ほうごう ※縫って繋ぐ)などを行います。

橈骨神経麻痺の多くは圧迫だけの場合で、圧迫だけの場合は、基本自然に麻痺の回復を待つことになります。

しかし、圧迫時間が長ければ長いほど、麻痺の回復は遅くなります!

そういった意味でも当院の場合、麻痺を起こしている筋肉に電気治療や、鍼で電気を流す治療(鍼通電療法)を行い、回復を促していきます。

 

橈骨神経は、末梢神経(まっしょうしんけい)という神経分類になり、医学的に損傷した末梢神経は1日1㎜のスピードで回復されるといわれております。

ですので、諦めずに是非専門の先生にご相談や治療を早期にしていってください。

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台での橈骨神経麻痺の治療はこちらをクリック