手の痛みとしびれ(手根管症候群)

手の痛みとしびれの代表的な手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)とは、手首に“手根管”というトンネルがあり、このトンネルの中で正中神経(せいちゅうしんけい)という神経が圧迫されて、手の痛みやしびれなどを起こすものです。

 

%e6%89%8b%e6%a0%b9%e7%ae%a1%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%e2%91%a0

 

手根管症候群の原因は、基本的には原因不明とされておりますが、妊娠・出産期や更年期の女性に多く生じるのが特徴で、女性ホルモンとの関係があるともいわれております。

その他、骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、透析(とうせき)をしている人、腫瘍(しゅよう)や腫瘤(しゅりゅう)などの出来物でも起こることがあります。

 

手根症候群の症状は一般的に、片側の手の親指・人差し指・中指・薬指の中指側に痛みやしびれを起こします。

手を振ったり、指を曲げ伸ばしすると痛みやしびれは楽になるのが特徴です。

ひどくなると親指の付け根の筋肉(母指球筋 ぼしきゅうきん)が落ちて、親指と人さし指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。

%e6%89%8b%e6%a0%b9%e7%ae%a1%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%e2%91%a2

 

手根管症候群を疑う検査として、ファーレンテストチネルサインというものがあります。

ファーレンテストは、下の図のような体勢で痛みとしびれが増強しますと陽性となります。

ファーレンテスト

 

チネルサインは、下記の図のように手根管の部分を叩くと痛みとしびれが増強しますと陽性になります。

%e6%89%8b%e6%a0%b9%e7%ae%a1%e7%97%87%e5%80%99%e7%be%a4%e2%91%a1
  チネルサイン

 

当院での手根管症候群での治療は、SSP電気治療・超音波治療を実施し、手技で手根管部の除圧をするために、手のアーチを作っている骨の遊び(小さな動き)を出す関節モビライゼーションを行っていき改善を目指していきます。

そして、経過を観察しながら治療を続けていきます。

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台の手根管症候群での治療はこちらをクリック