腰痛のトリガーポイント

筋肉性の腰痛の場合、トリガーポイントが原因のことがあります。

トリガーポイントとは、筋肉にできる身体のあちこちに見られる“硬いこり”や押すと響くような痛みを出すポイントです。

トリガーポイントは、痛みやしびれなどの原因となり、整形外科での画像検査(レントゲン・MRI)で異常が出ないため、原因不明の痛みと片付けられてしまうことも多々あります。

腰痛のトリガーポイントは、下記の図の代表的な筋肉が原因のことがあります。

下記の図の見方なんですが、トリガーポイントがある場合に✖印が押した位置、濃い赤印が主に押すと痛みが出る場所、薄い赤印は押すと痛みが放散する場所になります。

 

%e8%84%8a%e6%9f%b1%e8%b5%b7%e7%ab%8b%e7%ad%8b%ef%bc%88%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%89
背中~腰にある筋肉(脊柱起立筋 せきちゅうきりつきん)

%e8%85%b0%e6%96%b9%e5%bd%a2%e7%ad%8b%ef%bc%88%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%89
腰の脇にある筋肉(腰方形筋 ようほうけいきん)

%e5%a4%a7%e6%ae%bf%e7%ad%8b%ef%bc%88%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%89
お尻の大きな筋肉(大殿筋 だいでんきん)

%e4%b8%ad%e6%ae%bf%e7%ad%8b%ef%bc%88%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%89
お尻の大殿筋の下にある筋肉(中殿筋 ちゅうでんきん)

%e5%b0%8f%e6%ae%bf%e7%ad%8b%ef%bc%88%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%e2%91%a1%ef%bc%89
お尻の中殿筋の下にある筋肉(小殿筋 しょうでんきん)

%e6%a2%a8%e7%8a%b6%e7%ad%8b%ef%bc%88%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%89
お尻の一番深い場所にある筋肉(梨状筋 りじょうきん

%e8%85%b8%e8%85%b0%e7%ad%8b%ef%bc%88%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%9d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%88%ef%bc%89
股関節や骨盤の前にある深い場所にある筋肉(腸腰筋 ちょうようきん)

SCAN IMAGE

お腹の真ん中にある筋肉(腹直筋 ふくちょくきん)

 

これらが代表的な腰痛を起こしやすい筋肉のトリガーポイントになります。

このトリガーポイントに圧をかけてほぐしたり、鍼(はり)で腰痛治療として行います。

圧をかけて押すことは、非常にコツがあります。

ですので、むやみにグイグイ押してしまうと痛みを伴うことがありますので、無理に押さないようにしてください。

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台の整骨院!腰痛でお困りの方はこちらをクリック!