ロキソニン

整形外科に通院されますと、痛み止めの薬でロキソニンを処方されたことありませんか?

または、市販の湿布薬でロキソニンの湿布を買われたことありませんか?

痛みがありますと普段の生活に支障をきたし、最悪の場合、痛みのためにうつ状態になることもあります。

そのためには、痛みをできるだけ軽減させるために医療機関(病院)では、痛み止めの薬(鎮痛薬)の処方がされることが多いです。

整(接)骨院や治療院(もちろん当院もですが)では処方ができませんが、痛み止めの薬の「ロキソニン」のお話しをさせて頂きます。


整形外科でのロキソニンの飲み薬


市販のロキソニンテープ(湿布)

 

ロキソニンはNSAIDs(エヌセッズ ※非ステロイド性抗炎症薬)という種類の薬で、炎症のある痛みに対して効果の高い薬になります。

少し難しい専門的なお話しをさせて頂きますが、ロキソニンを含むNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)の作用について簡単にお話しさせて頂きます。

アラキドン酸というものがあり、アラキドン酸は、細胞の膜から遊離(ゆうり)した脂肪酸(しぼうさん)のことで、そのアラキドン酸を原料として、脂質の伝達を作る代謝の経路のことを「アラキドン酸カスケード(下記の図参照)」といいます。


アラキドン酸カスケード

 

ロキソニンを含むNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)は、上記のアラキドン酸カスケードの図の真ん中にあります「COX(シクロオキシナーゼ)」という場所を抑制するように働く薬のメカニズムになります。

ちなみに、上記のアラキドン酸カスケードの図の上にあります「ホスホリバーゼA2」という場所を抑制するように働く薬は、皆さんも名前を聞いたことがあります“ステロイド”です。

要するに、ロキソニンを含むNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)は、炎症のある痛みセンサーが刺激されて起こっている痛み(侵害受容性の痛み)に効果が高いということになります。

医療の専門家以外の方は、何がなんだかわからないと思うお話しを失礼しました。

 

ところで皆さんは、ロキソニンを服用(飲み薬・湿布)して痛みに対して効果がありましたか?

おそらくは、効果があった方と効果が少なかった、またはなかった方に分かれると思います。

効果があった方は、基本的に炎症がある痛みで、すなわち、急性の痛みで痛みセンサーが刺激されて起こっている炎症の痛み(侵害受容性の痛み)だったと思われます。

効果が少なかった、またはなかった方は、基本的にその逆で炎症のない痛みで、すなわち、慢性の痛みか、もしくは痛みセンサーが刺激されている痛み(侵害受容性の痛み)ではなく他の原因がある痛みだった(神経性の痛みなど)と思われます。

これらは、絶対というものではありませんので一概にはいえませんが、理論上のお話しになります。

炎症があるかどうかを判断するのは、正直非常に難しいです。

 

ロキソニンを含むNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)で怖いのが副作用です。

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)の副作用は様々ありますが、とくに多いのが飲み薬での「胃の粘膜があれる(胃腸障害)」ことです。

最悪の場合は、「NSAIDs潰瘍(エヌセッズかいよう)」といって胃潰瘍(いかいよう)になることもあります!

ロキソニンを処方された時に「胃の粘膜を保護する薬(セルベックス・ムコスタなど)」といっしょに処方されたことありませんか?

そういった副作用を防ぐ理由だからです。


セルベックス(胃の粘膜保護の薬)

ムコスタ(胃の粘膜保護の薬)

 

当院の患者様の多くは、「ロキソニンを飲んでるが痛みが変わらない」という方がご来院されます。

当院の経験上、そういった患者様は「炎症のない痛み」と判断し、当院での治療をすると痛みに対して効果が出ている患者様が多いです。

また、治療だけでなく、安心感や患者様に日常生活の指導をさせて頂き、それを患者様が実施して頂くことで効果が高いのだと思います。

「治すのは患者様自身!手助けするのは施術者!」です。

治療院の来院よりも日常生活の時間の方が圧倒的に多いので、患者様自身も努力や協力して頂くことが非常に大切です。

 

最後に「痛みが続いて、痛みがあったらすぐ痛み止め(ロキソニンなど)を飲むという人」を当院でみます。

その痛み良くなってますか???

おそらく、一時的に痛みが良くなって、また痛みが出るという薬の悪循環になっていると思われます。

つまり、痛み止めの薬の依存(中毒)になっている可能性があり、「痛いから薬を飲む ⇒ 痛みが治まる ⇒ また痛くなる ⇒ 痛み止めの薬を飲む」というループ(悪循環)にハマっています。

また、そのループ(悪循環)にハマってしまうと、副作用で胃があれてしまい、NSAIDs潰瘍のリスクが非常に高まってしまいます。

その場合、痛み止めの薬を一度止めて、別の治療法(方法)に切り替えましょう!

しかし、悪循環にハマっていると、すぐに痛み止めの薬を止めることは難しいので、徐々に切り替えることが大事です。 

改善策は色々あります!

参考にしてみてください。

以上です。

 

八王子めじろ台の痛みの治療はこちらをクリック!