痛みの分類

医学的に痛みは分類というものがあり、痛みを原因で分けると・・・

・侵害受容性(しんがいじゅようせい)の痛み
・神経障害性(しんけいしょうがいせい)の痛み
・心因性(しんいんせい)の痛み

の3つに分けられます。

 

侵害受容性の痛みとは、痛みを感じるセンサー(侵害受容器)が刺激されて起こる痛みのことです。

痛みの分類の中で最も多く、例えば、皮膚を切る・刺す、やけど、筋肉の痛み・関節の痛み、内臓の痛み(腹痛・胸痛など)など日常生活でよく体験する痛みです。

侵害受容性の痛みは、体に異常が発生したことを知らせる警告信号(けいこくしんごう)としての意味があり、いわゆる火災報知器(かさいほうちき)みたいなものです。

また、侵害受容性の痛みは、物理的な刺激(刺す・切るなど)がなくても、酸素の欠乏などにより痛みの物質(セロトニン・ブラジキニン・プロスタグランジンなど)が刺激されて起こります。

 

神経障害性の痛みとは、痛みを伝える神経が圧迫や損傷などによって、発生する痛みのことです。

疾患でいうと例えば、椎間板ヘルニア(坐骨神経痛)、頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)、三叉神経痛(さんさしんけいつう)、帯状疱疹(たいじょうほうしん)などなどです。

痛みだけではなく、「しびれる」「灼けるような」「ピリピリ・ジンジンする」といった不快な感覚を伴います。

寒い天候や低気圧などの影響により、痛みが増悪することがあります。

また、ひどいと軽く触れただけで激しい痛みを感じることもあります。

神経障害性の痛みが長引いてしまうと、痛みが脳で記憶してしまい、なかなか取れないことがありますので、早めの治療をすることが大事です。

 

最後に心因性の痛みとは、何も異常がなく精神的要素・心理社会的因子が関与している痛みのことです。

代表的な疾患としては、うつ病です。

疲労やストレスで痛みが悪化することもあります。

よくあるケースは、病院での検査を全て行った結果、全く異常がない時に心因性の痛みと言われることが多いです。

 

以上が、痛みの原因による3つの分類です。

ほとんどが侵害受容性の痛みですが、複雑のことも多く、治療の現場でこの3つに分けることは難しいこともあります。

また、経験上この3つの分類に当てはまらない痛みもあり、それが筋肉のトリガーポイトの痛みです。

したがって、痛みはまだまだ謎が多いです。

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台 はりきゅう整骨院イシイ ホームページ