ノロウイルス

11月~12月頃の冬に流行している「ノロウイルス」についてお話しさせて頂きます。

ノロウイルスは、その年によって流行の度合いや強力なウイルスになる可能性もあります。


    ノロウイルス

 

ノロウイルスは、小型の丸形のウイルスで潜伏期間(せんぷくきかん ※感染してから発病するまでの期間)は24時間~48時間といわれております。

主な症状は、発熱(37°~38°ぐらい)、吐き気・嘔吐(おうと)、腹痛、下痢です。

二枚貝(カキなど)などを生か加熱不足で食べた場合に起こるといわれますが、発病しない方もいます(免疫力の関係です)。

また、ノロウイルスを発病している人の吐物(とぶつ)や便にウイルスが空気中に舞って、口から感染します(これも発病しない方もいます)。

集団で感染することがあるため、食中毒(しょくちゅうどく)を考えることがあります。

治療は、ノロウイルスを殺菌するという薬がなく、症状に対しての対症療法(たいしょうりょうほう)が基本となります。

しかし、嘔吐や下痢を止めるといった薬の治療は、ウイルスを体の中から排除できないため行うことはありません。

体が脱水(だっすい)になるので、口から水分を摂取できない場合(水を摂取しても嘔吐するため)、入院して点滴(てんてき)を行います。

とくに小さな子どもや高齢者は、脱水で命の危険があるため、入院して管理することが必要となります。

 

ノロウイルスにならないための予防は、手洗いと生物は芯まで加熱した状態で食べることが基本です。

また、ノロウイルスの感染を広めないということが大切で、吐物や排泄物の後処理が非常に大事となります。

その方法は・・・

① マスク・エプロン・ゴム手袋(または使い捨て手袋)を着用

② 吐物や排泄物(はいせつぶつ)をペーパータオル(使い捨ての布)を拭き取る 

③ 使用したペーパータオルなどをビニール袋に入れる処分する

④ 吐物や排泄物が付着していた床と周りを次亜塩素酸水(じあえんそさんすい)を染み込ませた布やペーパータオルなどを覆うか、浸すように拭きます(次亜塩素水は鉄などの金属を腐敗させるので、拭き取って10分程度立ったら水で拭きます。またカーペットなどは色が変色ことがあります)

⑤ 使用したエプロンの着衣は廃棄する

⑥ ゴム手袋(または使い捨て手袋)は吐物や排泄物が飛び散らないように表面を包み込むように裏返してはずし処分します。


厚生労働省が認める次亜塩酸水(バイバイ菌)

以上が吐物や排泄物の後処理になります。

 

ちなみに、嘔吐の症状がなく発熱・下痢・腹痛の場合は、ノロウイルスに感染している可能性は低く、他の細菌やウイルスの感染を考えることが多いです。

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台 はりきゅう整骨院イシイ ホームページ