花粉症

花粉症は、くしゃみ・鼻水・鼻づまりの3主徴とする疾患で、アレルギー性鼻炎ともいいます。

また、目のかゆみの症状を起こすこともあり、ひどくなると気管支喘息(きかんしぜんそく)を起こすこともあります。

花粉の有名なものとしてスギ花粉があり、関東では1月~4月の時期に多いのが特徴です。

 

近年、スギ花粉症の人が増え続けており、その主な原因は・・・

・スギ花粉の飛散量の増加
・都市化に伴う生活環境の変化
・食環境・栄養環境の変化 など

が考えられています。

 

なぜ花粉症になるかといいますと(簡単にご説明します)・・・

花粉が粘膜内に侵入すると異物として認識され、IgE抗体というものが鼻の粘膜やリンパ節で産生されます。

そのIgE抗体というものが免疫細胞(めんえきさいぼう)と結合するとアレルギーを起こす前段階の状態(感作 かんさ)が成立します。

感作になった人が、鼻の粘膜に花粉が侵入するとアレルギー反応生じ、結果、炎症物質(ヒスタミン、ロイコトリエンなど)が放出され、花粉症のアレルギー症状が出てくるというわけです。

つまり、花粉で感作が成立するかで、花粉症を起こすかが決まります。

アレルギーは、体質で決まるといっても過言ではありません。

 

病院(医療機関)での花粉症の治療は、お薬が基本となります。

花粉症のお薬の種類は、抗ヒスタミン薬、抗ロイコトリエン薬、血管収縮薬、メディエーター遊離抑制薬、ステロイド薬があり、飲み薬・点鼻薬・点眼薬があります。

お薬の効果と副作用は個人差がありますので、病院(医療機関)の先生とご相談して頂くことをおすすめします。

お薬以外の治療法としては、花粉症の根本的治療法で減感作療法(げんかんさりょうほう)というものがあります。

減感作療法とは、体内に少量の花粉を数回に分けて入れて、花粉に対しての免疫をつけていくという治療法です。

しかし、治療によってはアナフィラキシーショック(命の危険性がある)を起こすこともあるそうなので、こちらも専門医にご相談して頂くことがよいでしょう。

 

当院での花粉症の治療は、鍼治療を行います!

花粉症の鍼治療については、また改めてお話しさせて頂きます。

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台 はりきゅう整骨院イシイ ホームページ