手首の痛み(インターセクション症候群(腱交叉症候群))

手首の腱鞘炎(けんしょうえん)の一種で「インターセクション症候群(腱交叉症候群)」についてお話しさせて頂きます。

インターセクション症候群(腱交叉症候群)とは、親指を伸ばす(短母指伸筋 たんぼししんきん)・外へ開く(長母指外転筋 ちょうぼしがいてんきん)働きのある腱のグループと、手首を上に返す(長・短橈側手根伸筋 ちょう・たんとうそくしゅこんしんきん)働きのある腱のグループが手首の場所で交叉をし、その交叉をする場所で摩擦(まさつ)されることによって起こる痛みのことです。

一般的に、30~50歳代の集中的に手を酷使(こくし)する方に起こることが多いといわれております。

 

症状は、手首を上に返す動きの痛み、親指を何かを打つ動きの痛みで、時に手首・親指を動かすとギシギシと音がすることがあります。

手首の腱鞘炎で「ド・ケルバン腱鞘炎」との鑑別が必要となります。

ド・ケルバン腱鞘炎についてはこちらをクリック!

治療は、電気治療・超音波治療・筋膜リリース・トリガーポイントほぐし・ストレッチ・キネシオテーピング・手首用のサポーター・必要であれば鍼治療を行い、痛みの軽減を目指していきます。

また、日常生活の指導も指示させて頂きます。

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台 はりきゅう整骨院イシイ ホームページ