神経の痛み

神経の痛みのことを医学的に「神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)」といいます。

神経の痛みの代表的なものは、坐骨神経痛(腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)、頚椎症(けいついしょう)、手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)、帯状疱疹後神経痛(たいじょうほうしんごしんけいつう)、糖尿病神経障害(とうにょうびょうしんけいしょうがい)などによる痛み・しびれがあります。

神経の痛みは、さまざまな原因によって、神経が異常な興奮をすることで起こる痛みで、その神経とは、末梢神経(まっしょうしんけい)の感覚神経での痛みになります。

末梢神経には、体性神経(運動神経と感覚神経)とよばれるものと自律神経(交感神経と副交感神経)とよばれるもの2つに分かれます(脳神経というものもありますが、話しがややこしくなりますので、省略させて頂きます)。

 

神経の痛みの症状は以下の通りになります↓

・ 痛みが長期間続いている
・ しびれ感を伴う痛みを感じる
・ 発作のように強い痛みが、短い間隔で襲ってくる
・ 普段は何でもない程度の刺激に対して、強い痛みを感じる
・ 少しの痛みが、とてもひどい痛みに感じる
・ 針で刺したような鋭い痛みを感じる
・ 電気が走るような痛みを感じる
・ 感覚が鈍くなる、なくなる

といった症状が特徴になります。

 

そして、神経の痛みの原因は以下の通りになります↓

・ 帯状疱疹ヘルペスやHIVなどのウイルスの感染によって、神経が障害された
・ 糖尿病などの代謝障害によって、神経が障害された
・ 脊柱管狭窄やヘルニアによって神経が圧迫/障害された
・ 背骨から出ている末梢神経がどこの部位で圧迫された

・ 抗がん剤の副作用によって、神経が障害された
・ 事故やケガで神経が切断/伸ばされた
・ がんの腫瘍によって神経が圧迫された
・ がんの腫瘍が神経に広がった  など

といった原因が考えられております。

病院での神経の痛みの治療は、お薬の「リリカ」の処方が一般的です。

 

当院での神経の痛みの適応は、主に坐骨神経痛(腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症など)、頚椎症(首から出ている神経が圧迫)、背骨から出ている末梢神経がどこかの部位で圧迫された(絞扼性神経障害 こうやくせいしんけいしょうがい)、事故やケガで神経が伸ばされた(神経が切断されていたら適応外)となります。

そして治療は、電気治療、手技療法、鍼治療などを行い、神経の痛みの改善を目指していきます。

慢性化しないように早期に治療をしていきましょう!

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子めじろ台 はりきゅう整骨院イシイ ホームページ