めまい(良性発作性頭位めまい症(BPPV))

「めまい」は、日常でもよく頻度が多い症候です。

その「めまい」の中で最も頻度が多い「良性発作性頭位めまい症(BPPV)」についてお話しさせて頂きます。

 

良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、耳が原因で起こる「めまい」で、寝返りをうったり、寝ていて急に体を起こした時など、頭を動かした時に急激な激しいぐるぐると回るような「めまい(回転性めまい)」で発症します。

「世界が回っている」「世の中が回っている」と表現するほど、激しい「めまい」になります。

良性発作性頭位めまい症(BPPV)が起こる原因は、昔に結核(けっかく)にかかっていてストレプトマイシンというお薬を使った人、交通事故などでの頭の外傷(がいしょう)を受けた人、慢性中耳炎(まんせいちゅうじえん)のある人、高齢者、ストレスが強い人などに多く起こるといわれています。

 

 

簡単ではありますが、良性発作性頭位めまい症(BPPV)が起こる仕組みについて説明します。

耳の内耳(ないじ)の前庭(ぜんてい)という部分にある「耳石(じせき)」というものが何らかの原因により剥がれることで、体のバランスを保つ三半規管(さんはんきかん)の一部に入り込んで、「クプラ」といわれるバランスを保つセンサーが刺激されて「めまい」が起こります。

 

 

症状は、頭を動かすとぐるぐる回るようなめまい(回転性めまい)、吐き気・嘔吐(おうと)を伴うこともあります。

また、耳鳴り(みみなり)・難聴(なんちょう)などの聴覚の症状が起こらないという特徴があります。

検査は、めまいが起こる頭の位置で「眼振(がんしん)」という眼の揺れ具合の増強や減弱・方向などをみます。

聴力検査、温度眼振検査、CTやMRIなどの画像検査では異常を認めないことがほとんどです。

良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、総合診療科(そうごうしんりょうか)、耳鼻科(じびか)または耳鼻咽喉科(じびいんこうか)になります。

 

 

一般的な治療は、めまい止めの薬、吐き気・嘔吐している場合は「吐き気止めの薬」、めまいに対する不安が強い場合は「抗不安薬(こうふあんやく)」を投与・処方されます。

良性といわれるように、一般的には比較的早いうちにめまいはなくなり、めまいが少し軽くなってきたら、積極的にめまいが起こりやすい頭の位置をとるといったリハビリをすることで改善を早めるともいわれてます。

近年では、頭位変換療法(とういへんかんりょうほう)と呼ばれる、剥がれた耳石を元にもどす方法が開発され、改善率が上がっているそうです。

 


頭位変換療法(エプレイ法)

 

最後に、治療経験が間もない治療院の先生にお伝えします!

良性発作性頭位めまい症(BPPV)は、治療院では専門外になります。

ですが時々、めまいの患者様が来院されることがあります。

そういった意味では、このような専門外のことを知ることも重要です!

治療の適応・不適応を判断することが絶対に大事で、判断を間違えれば最悪の場合、患者様の日常生活を変えることにもなりかねません!

ですので、是非参考にして頂ければと思います。

以上です。

 

八王子市めじろ台 はりきゅう整骨院イシイ ホームページ