PTSD(心的外傷後ストレス障害)

PTSD(心的外傷後ストレス障害 しんてきがいしょうごすとれすしょうがい)は、もの凄くショックな体験、強い精神的ストレスが心のダメージとなり、時間が経過しても、その経験に対して強い恐怖を感じるもので、震災などの自然災害、火事、事故、暴力や犯罪被害など「トラウマ(外傷)」が原因で起こるといわれております。

突然に怖い体験を思い出す、不安や緊張が続く、パニック発作、めまいや頭痛がある、眠れないといった症状などが出てきます。

とてもつらい体験によって、誰でも眠れなくなったり食欲がなくなったりするものですが、それが何ヶ月も続くときは、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の可能性があります。

ストレスとなる出来事を経験してから数週間、ときには何年もたってから症状が出ることもあります。

 

 

突然ですが、PTSD(心的外傷後ストレス障害)のチェックをしてみましょう。

以下の項目に当てはまるかどうかチェックをしてみてください↓

 

・「恐ろしい出来事が再び起きるような気がする」この気分は、何の兆し(きざし)もなく突然やってくる?

・恐ろしい出来事にビクビクするような記憶があったりその悪夢を見たりする?

・その出来事を思い出させるような場所は避ける?

・何かが突然起こるとぎくりとしたり、怒る?

・人を信用できず、打ち解けることがなかなかできない?

・すぐに怒る?

・他人は死んだのに自分は生きていて引け目を感じる?

・夜眠れなかったり、筋肉が硬直したりする?

 

皆さんは、上記の項目いくつ当てはまりましたか?

項目が多ければ多く当てはまるほど、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の可能性が高くなります。

その場合は、一度、専門の医療機関(心療内科・精神科)の受診をおすすめ致します!

 

 

PTSD(心的外傷後ストレス障害)の一般的な治療は、「心の傷の回復と辛い症状の軽減」基本となります。

心の傷の回復には、トラウマとなった場面をあえてイメージしたり、これまで避けていた記憶を呼び起こすきっかけに、あえて身を置くようにする治療や、考え方やこだわりを見直して別の視点で物事を考えるように導くようにする治療、眼を動かしながらトラウマとなった経験を思い出す治療、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の人が数名で自分の悩みを語るグループ治療など、様々な方法で行っていきます。

辛い症状には、お薬が処方されます。

眠れない時は「睡眠薬」、不安が強い時は「抗不安薬」、うつ状態がある時は「抗うつ薬」など、その辛い症状に合わせて処方されるそうです。

 

 

当院でPTSD(心的外傷後ストレス障害)をお持ちの患者様は、交通事故での怖い体験で発症している方がほとんどです。

車に乗ると、その交通事故の怖い体験を思い出して、パニック発作を起こしたり、あるいはめまいや頭痛の症状が出たりしています。

心療内科に通院しながら、交通事故で傷めた身体に対する治療は当院で行い、併用している方がほとんどです。

自覚症状があってもPTSD(心的外傷後ストレス障害)だと気づかないことも多くありますので、早期に発見し、早期治療をしていくことが大事です。

以上です。

参考にして頂ければと思います。

 

八王子市めじろ台 痛み治療専門整骨院 はりきゅう整骨院イシイ ホームページ