腰痛の85%以上は原因が不明

腰痛の85%以上は原因が不明!

 

よくテレビやメディアでも取り上げられていることです。

 

日本人の4人に1人が腰痛に悩んでいるといわれ、その腰痛の原因は様々です。

 

では、なぜ「腰痛の85%以上は原因が不明」といわれているのでしょうか?

 

それは、整形外科でレントゲンやMRIなどの画像検査で異常が見当たらないから原因不明といわれてます!

 

言い換えると、画像検査で異常がない腰痛というものがあるともいえます!

 

それは・・・

 

・筋膜性(筋肉が原因)

・背骨の関節性(椎間関節が原因)

・仙腸関節性(せんちょうかんせつせい)

・心因的な過剰なストレス性

 

 

などが考えられます。

 

すなわち、心因的な過剰なストレス性の腰痛は別ですが、腰痛だけに限らず痛みというのは、痛みを感じるセンサーが刺激をされて脳に伝わって「痛い」と感じます。

 

痛みを感じるセンサーがある場所は「コラーゲン線維」が集まっているところです。

 

コラーゲン線維が集まっている場所というのは・・・

 

・真 皮(皮 膚)

・筋 膜(筋 肉)

・関節包(関 節)

・骨 膜(骨)

・靭 帯

 

になります。

 

腰痛のほとんどは、真皮(皮膚)・筋膜(筋肉)・関節包(関節)が原因のことが多く、これらの3つの組織が何らかの原因で硬く動きづらくなるために、血流が悪くなり、酸素がいかなくなると痛みを感じるセンサーが反応を起こし痛みとして自覚されます。

 

そうなりますと治療は、その3つの組織に血流をよくし、酸素をいきやすい状態をつくってあげることになります。

 

それは、手当て(手技治療)であったり、キネシオテーピング(伸び縮みするテープ)であったり、必要であれば鍼やお灸を使っていきます。

 

話しを戻して「腰痛の85%以上は原因が不明」で、それは整形外科でレントゲンやMRIなどの画像検査で異常が見当たらないないためだとお話ししました。

 

「だったら、最初から画像検査をしなければよいのでは?」とお思いの方いるでしょう!

 

それは、一般的な腰痛ではなく「危険な腰痛(レッドフラッグ)」を見逃さないために画像検査を行うためです。

 

例えば、背骨の腫瘍(しゅよう)、背骨の圧迫骨折、背骨の化膿性関節炎などの重篤な疾患です。

 

つまり、万が一のことがないために画像検査を行われるということなんです!

 

 

 

 

「背骨と背骨の間のクッション(椎間板)がつぶれている」または「背骨と背骨の間が狭い(レントゲンでは椎間板は写らないので)」から腰痛がでていると整形外科で言われたことありませんか?

 

これらは、腰痛の根拠ではありません!

 

少なからず、ほとんどの人がレントゲンやMRIなどの画像検査をしても、そのような所見があることが多いです。

 

そういう方達が必ずしも腰痛があるかといいますと、そうではありません!

 

是非、参考にして頂ければと思います。

 

以上です。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

詳しい腰痛についてはこちら