GAPテクニック講座2017(頚椎編(下部))

 

2017年6月11日(日)

 

当院の施術スタッフで、東京都荒川区の三河島駅近くにあります「日本総合医療専門学校」で、2017年度の第3回目のカイロドクター山根 悟先生の『GAPテクニック講座』の治療セミナーに参加させて頂きました。

今回は「頚椎編(下部)」の内容でした。

座学と実技で主な内容は・・・

 

 

・ゴルフボールとゴルフティーを使った頭と首の説明
・人間の理想的な重心位置
・手のしびれが起きる理由
・神経が圧迫される場所について
・姿勢によって背骨の動きが変わる理由
・まっすぐな背骨(平背)で背骨が硬くなる理由
・胸郭出口症候群(きょうかくでぐちしょうこうぐん)の検査法
・テニス肘で背骨を治療する理由
・背骨の矯正実技 などなど

 

 

を学ばせて頂きました。

矯正法のコツを習得して、矯正というのは関節を「ポキッ」とならすことではなく、関節に遊び(関節の可動域の最終域の動き)をだすことで、痛みなどの症状を軽減させるものです。

つまり、骨盤矯正とか背骨矯正というのは、ズレた関節を矯正することではなく、問題のある関節に動きをだしていくことなんです!

今回もスタッフ一同、非常に勉強になりました。

7月さらに勉学に励んでいき、今後の患者様の治療に役立てていきます!

最後に当院スタッフのセミナー受講の風景をご覧ください↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【八王子めじろ台 はりきゅう整骨院イシイ】
ホームページ:http://www.hks-ishii.com/