むくみ

 

「足がむくむ」という経験をした方は多いと思います。

 

むくみは医学用語で「浮腫(ふしゅ)」といい、むくみとは「血液の中の水分が血管やリンパ管の外にしみだして、手や足・顔などの皮膚の下に溜まった状態」のことをいいます。

 

細かく説明しますと・・・

 

人間の体の水分の量は、体重の約60%あるといわれているのはご存知の方が多いと思います。

 

その水分量60%の中で、細胞の中にある水分量は40%(細胞内液)、細胞の外にある水分量は20%(細胞外液)に分けられています。

 

さらに細胞の外にある水分量20%(細胞外液)は、細胞と細胞の間にある「間質液(かんしつえき)」といわれるものが15%、血液の液体成分の「血漿(けっしょう)」といわれるものが5%に分けられてます。

 

むくみは、細胞と細胞の間にある「間質液(かんせつえき)」の過剰に溜まった状態のことをいいます。

 

 

 

 

では、なぜ「むくみ」が起こるのでしょうか?

 

むくみが起こる原因は・・・

 

・ 冷えなどによる血行不良
・ 長時間の立ち・座りの同じ姿勢
・ 水分・塩分の過剰摂取
・ アルコール
・ たんぱく質の不足
・ 筋力の低下(とくに脚の筋肉)
・ 妊娠

・ 甲状腺(こうじょうせん)・心臓・肝臓・腎臓の内臓の病気
・ お薬の副作用  など

 

があります。

つまり「むくみ」の仕組みは、炎症などで血管の膜の透過する状態が上がる(血管透過性の亢進)、血管やリンパ管などの血圧が上がる(毛細血管・リンパ管圧の上昇)、血管に水を引き込む力が弱くなる(低アルブミン血症)などがメカニズムになります。

 

 

 

 

むくみには、全身のむくみ局所のむくみに分けられます。

 

全身のむくみは、内科的な疾患の可能性があるため病院での受診になりますが、ほとんどのむくみの場合、局所のむくみになります。

 

また、むくみの性質という分類もあります。

 

指で皮膚を押して凹むむくみ(圧痕浮腫 pitting Adema)と、指で皮膚を押して凹まないむくみ(非圧痕浮腫 non-pitting Adema)になります。

 

ほとんどの場合は圧痕浮腫ですが、非圧痕浮腫の場合、代表的なものとして甲状腺(こうじょうせん)の病気で出ることが特徴になります。

 

 

 

 

当院でのむくみの治療は、末端から皮膚を滑らせてほぐし、また関節の動きをだしていき、むくみを吸収させていくことを行います!

 

また、O脚・X脚の「股関節内旋位(こかんせつないせんい)」が原因で「足のむくみ」が起こることがあり、その場合、根本的なO脚・X脚の改善を目指していきます。

 

以上です。

 

参考にして頂ければと思います。

 

 

【八王子市めじろ台 はりきゅう整骨院イシイ】
ホームペーム:http://hks-ishii.com/