足の浮き指とは?

女性に急増中!!!

 

足の浮き指とは、足の指が地面につかず、力が入らない状態のことです(下記のイラスト参照)。

 

上から見ただけでは分かりづらいので自覚しにくく、脚やお尻のたるみだけでなく、痛みやこりなどの多くの体の不調につながっていきます。

 

 

 

 

なぜ女性に急増しているのでしょうか・・・?

 

それは、ファッション的な靴が原因であるといわれています。

 

とくに、つま先が細い靴の場合、つま先の圧迫が強く足の5本指が使えない状態となることが考えられています。

 

本来人間の足は、5本の足の指で地面を確実につかめたり、物をつかめるような機能になっており、足の指がしっかりつかめるほど「土踏まず(アーチ)」も丈夫になります(下記のイラスト参照)。

 

しかし、足の浮き指の人はそれができないために、足の障害(モートン病、足のむくみ、外反母趾など)はもちろんのこと、腰痛や肩こりなどの原因にもなります。

 

 

 

 

大事なことは、足の5本指をしっかり使えるようにすることです!

 

代表的なものとして、タオルギャザー(縦に伸ばしたタオルを足の5本指でつまんで引き寄せる)、足ジャンケンエクササイズ、足の5本指の間を広げるストレッチなどです。

 

ソックスを足の5本指ソックスにするのもいいと思います。

 

 

足には26個の細かい骨があり(下記のイラスト参照)、その細かい骨が強い靭帯で連結されて関節になっており、体の体重を支えて動きを出しています。

 

 

つまり、足の浮き指がある人の場合、浮き指だけでなく、足の関節が硬く足の連動した動きが少ない状態になっていることが多いです。

 

ですので、当院で行っている治療は、足全体の関節に動きをつけて、足の使い方を学習するようなPNF(神経筋促痛法)といわれる方法で行ってます。

 

あとは、靴の選び方ですね!

 

以上です。

 

参考にして頂ければと思います。

 

最後までお読み頂きありがとうございます。