足の内側の痛み(有痛性外脛骨)

外脛骨(がいけいこつ)は、舟状骨(しゅうじょうこつ)といわれる足の内側にある骨で、約15%の人にあるといわれています。

 

 

 

外脛骨と舟状骨の間で小さな動きが生じると痛みの原因になります。

 

 

10~15歳頃の女性に多く、運動量が多くなると起こしやすくなります。

 

 

成人になると、捻挫をしてから急激に痛みを起こすこともあり、それは外脛骨と舟状骨の間の付着している線維が傷つくのが原因といわれています。

 

 

外脛骨がある人の中には、偏平足(へんぺいそく)になっていることが多いです。

 

 

 

 

症状は、外脛骨の部分を押すと痛かったり、ときには赤く腫れていることもあります。

 

 

治療は、内側の土踏まず(内側アーチ)を足底板やテーピング、サポーターなどで上げるサポートをしていきます。

 

 

再発を繰り返している場合は、外脛骨を摘出する手術をすることもあります。

 

 

参考にして頂ければと思います。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございました。