• 痛みの治療
  • 健康保険治療
  • 交通事故での治療
  • AKA-IM療法(関節包内調整)
  • 鍼灸治療(鍼治療、灸治療)
  • カイロプラクティック(身体の歪み治療)
  • 美脚矯正(スタイレクッス)
  • トリガーポイント療法(筋肉ほぐし)
  • テーピング
  • 耳つぼダイエット

AKA-IM療法(関節包内調整– Arthrokinematic Adjustment – Ishii Method

AKA-IM療法とは

たった10分の治療で腰の軽さを実感!

関節包内運動

関節運動学的調整 – Ishii Method
AKA-IM(Arthrokinematic Adjustment – Ishii Method)療法とは関節運動学、解剖学に基づき、関節の遊び、関節面の滑り、回転、回旋などの関節包内運動の異常を治療し、また関節包のストレッチする方法です。
腰痛、坐骨神経痛、腰背部痛等の原因となっている仙腸関節の機能障害を取り除くことを目的としています。(いわゆる骨盤調整になります)
関節を『ポキッ』と 鳴らす治療ではありませんので、安心して受けられます。この治療は非常に難しく、熟練の技術が必要で行える先生が少ないのが現状です。
この治療法は、整形外科的手技療法のAKA-博田法(関節運動学的アプローチ)を参考に当院の院長が開発したオリジナルの手技療法になります。

治療部位

治療部位は腰を中心とした背骨の近くが一般的です。中でも最も重要なのは、腰骨の下にある仙骨と骨盤との関節です。ここを、仙腸関節(せんちょうかんせつ)といいます。
この仙腸関節を手で軽く動かすのがAKA-IM療法(関節包内調整)の代表的な治療方法(部位)です。

骨盤矯正,八王子市,はりきゅう整骨院イシイ

※上図の赤丸の位置にあるのが仙腸関節です。 左右に一つずつあります。
※その他の関節も治療することがございます。(例:椎間関節・肋椎関節・胸鎖関節など)

治療方法

AKA-IM治療(後下部離開)

AKA-IM治療(後下方滑り)

実際に動く範囲は1~2mmといわれており、ほんのわずかな動きを手で感じ治療をしていきます。
ごくわずかな動きですので、患者様は痛みを感じないのが普通で、ただ触っているだけだった、とおっしゃる患者様もいるくらいです。
しかし、この治療手技はかなりの集中力と熟練を要し、誰でもできるというものではありません。自ずと1日に治療できる患者様の数も限られてくるのが現状です。
こうした、仙腸関節を中心とした関節の機能障害を徒手的(手を使って)に治療する方法がAKA-IM療法(関節包内調整)なのです。
AKA-IM療法(関節包内調整)は関節が原因で起こる痛みを取り除き、関節の運動障害を改善します。
従って、AKA-IM療法(関節包内調整)の治療対象は関節機能障害が原因の痛み、しびれ及び関節の動きが悪い(可動域制限)場合となります。

【このような方におすすめ】

・ぎっくり腰
・慢性の腰痛
・首肩のこり
・椎間板ヘルニアの手術後
・腰部脊柱管狭窄症と診断された腰痛
・手術が必要と診断された腰痛
・各種関節の痛み
骨盤、背骨のゆがみ、など

施術料金

仙腸関節(骨盤調整 3,000~5,000円 (税込)※学生さん割引あり

※仙腸関節と併せて背骨の関節などを治療することもございます。
※平日・土曜日(日曜は除く)の自費治療のみでご希望の方は予約優先で治療ができます。
※自費治療の場合、初診料が別途1,000円かかります。

よくあるご質問 – Q&A

どのように治療するのですか?

患者様は横向きで寝ているだけです。横向きの状態で骨盤(腸骨と仙骨)を軽く押すだけです。また治療時間は基本10分程度ですが、関節の動きづらさによっては15分程度かかる場合もございます。

痛くありませんか?

全く痛くはありません!
軽く骨盤を押すだけなので痛みは感じません。
ボリボリ!ゴキゴキ!などの音はありませんので、ご安心ください。

どのような効果があるのですか?

AKA-IM療法(関節包内調整)で仙腸関節の調整をすることにより、腰痛はもとより頸部痛、膝痛、股関節痛、生理痛、産後の腰痛など様々な痛みに効果があります。

どんな人が利用していますか?

腰痛の方から出産後の骨盤調整など様々な人が利用しています。
仙腸関節の機能障害は、いろんなところに痛みを出す可能性があるので徒手検査にて問題があると判断した場合はAKA-IM療法(関節包内調整)をご提案させていただきます。

1回で治りますか?

1回で改善される方もいらっしゃいますが、症状の経過が長い方または、急性の症状が強い方は継続の治療が必要な場合があります。

治療回数と治療間隔はどのくらいですか?

症状にもよりますが、治療回数は早い方で1~2回程度、長い方で5~6回程度になります。また定期的に予防を行うことも可能です。治療間隔は原則として月1回がよいのですが、急性などの痛みが強い場合は、最短でも初回の治療から2週間後になります。仙腸関節の動きの状態にもよるのですが、平均して2週間~1ヶ月になります。

どのくらいでよくなるんですか?

症状にもよりますが、上記にもありましたように1回から2回の治療で改善される患者さんもいらっしゃいます。日常生活やお仕事にもよりますが、長期にわたる患者様もいらっしゃいます。特に身体に負荷をかけておりますと、どうしても仙腸関節への負担が大きくなってしまい、治療が長引くこともあります。

効果の判定ってなんですか?

基本的には仙腸関節の動きによって判定しますので、治療をして痛みが残っていても仙腸関節の動きが改善していれば治療は成功したと判定します。また、痛みが軽くなっていても仙腸関節などの動きがまだよくない人は、完全に治っていないと判定します。

予約はできますか?

はい、できます。
自費治療のみの施術であれば、平日・土曜は予約優先で治療が可能です。
※日曜日(10:00~18:00)のみは完全予約制です。
※保険治療との組み合わせの場合は、予約はできません。

AKA-IM療法(関節包内調整)に関するご質問・お問い合わせはこちらからどうぞ

【お問い合わせ】TEL:042-629-9122 各種健康保険・交通事故・労災取扱い