- Blog記事一覧

Blog記事一覧

姿勢

2018.05.24 | Category: 豆知識

猫背でお悩みの方は是非参考にしてください!

最初にお話しをさせて頂きますが、姿勢には「正しい姿勢」というものは存在しません!

なぜなら、姿勢に答えがないからです。

しかし、「理想的な姿勢」というものはあります。

では、「理想的な姿勢」とはどのような姿勢のことをいうのでしょうか・・・?

おそらく、多くの方は「背筋を伸ばした姿勢」といわれると思います。

では、なぜ「背筋を伸ばした姿勢」が理想的な姿勢なのでしょうか?

理想的な姿勢とは「体に最も負担の少ない姿勢」のことになります。

すなわち、筋肉をはじめとする軟部組織(なんぶそしき)に荷重をかけない姿勢、つまり「骨(軟骨を含む)」の上に体重が下りてくる姿勢で、これを「骨で立っている姿勢」が理想となります。

人間の体は、大きく分けると骨・筋肉・内臓・脂肪・皮膚でできています。

この中で、重さをかけても潰れないのは骨だけになります。

当たり前ですが、それ以外の筋肉、内臓、脂肪、皮膚は荷重をかけたら潰れてしまいます。

つまり、そもそも重さを受け止めることができないものに重さをかけるということは、無理をさせている(負担をかけている)ことになります。

建築物(けんちくぶつ)に例えると、建物の重さを柱で支えるのではなく、外壁や窓ガラスで支えるのと同じことになります。

壁やガラスにヒビが入りやすい状態(傷みやすい状態)であることは想像していただけるでしょう。

理想的な姿勢は、立っている時と座っている時のどちらとも体の「重心線(じゅうしんせん)」というものが一直線上にあることが望ましいです。

具体的には下記のイラストのようになります。

座っている姿勢の場合、背もたれいっぱいに座ることが理想的な姿勢に近づけます。

また、座る時に必ず「坐骨(ざこつ)」(上記の図を参照)で座るようにしましょう!

よく下記の図のように「仙骨(せんこつ)」で座っている方を拝見しますが、この場合、仙腸関節性(せんちょうかんせつせい)の腰痛になる恐れがありますので、是非気をつけてください。

理想的な姿勢にするためには「理想的な姿勢を意識」することが大事です!

「長時間その姿勢をとり続けるには疲れて無理!」と思われますが、確かにその通りです!

今まで不良な姿勢をとり続けていた人には、理想的な姿勢を長時間とり続けることは負担になるのは間違えありません。

しかし、少しづつ意識して行っていけば、理想的な姿勢に近づき腰痛・肩こりの改善にも繋がります。

そして、理想的な姿勢を意識するための「体の使い方のポイント」があります!

それは・・・

改めてお話しさせて頂きます。

以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛の症状でお悩みの方はこちら

営業・マスコミ・メディア関係者様へご案内

2018.05.23 | Category: 当院からのご案内

当院の営業時間内でのお電話でのお問い合わせは、当院にお越し頂いてる患者様の治療の妨げになりますので、ホームページ上にあるメールでお問い合わせください。

必要であれば、こちらからご連絡させて頂きます。

 

こちらからお問い合わせください

レントゲンでの異常は痛みの原因?

2018.05.23 | Category: 痛み

整形外科でこんなこと言われたことありませんか?

・背骨と背骨の間が狭くなっている

・関節の隙間が狭くなっている

・関節が変形している

・腰の骨がすべっている

・首の骨がまっすぐになっている(ストレートネック)

など、これらは全てレントゲンでの異常所見です。

それを理由に「もうお年だからしょうがないですね」などと言われたことがある人もいると思います・・・

実は、必ずしもレントゲンでの異常が痛みの原因とは限りません!

なぜなら、痛みは「痛みのセンサー(受容器)」が刺激されて起こるもので、レントゲン写真の情報だけでは、わからないことが多いからです。

例えば、膝の痛みの場合、膝の関節が狭くなっているレントゲンでの異常があったとします。

膝の関節が狭いということは、関節のクッションである軟骨がすり減っていることが考えられます。

これを診断名でいいますと「変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)」といいますが、構造的に軟骨自体には「痛みのセンサー」はなく、それだけで膝の痛みが起こることはありえないといってもいいでしょう。

膝の痛みの原因は、他にあると考えます。

また、腰痛の場合も同じで、背骨と背骨の間が狭くなっているレントゲンの異常があったとします。

背骨と背骨の間が狭いということは、背骨と背骨の間にあるクッションの椎間板(ついかんばん)が潰れていることが考えられます。

これを診断名でいいますと「変形性腰椎症(へんけいせいようついしょう)」といいますが、こちらも椎間板自体には「痛みのセンサー」はなく、腰痛がその原因で起こっているとは考えにくいです。

画像での異常で見えない痛みは、数多く存在します!

だからといって痛みが改善しないということではありません!

痛みは、様々な神経の機能が複雑なネットワークを介して起こしているものですので、レントゲンだけの異常な情報だけではわからないということになります。

ただし、痛みの中にはレントゲンの異常な情報が大事なものもあります。

これはまた改めてお話しさせて頂きます。

参考にして頂ければと思います。

ちなみに、当院は整骨院のためレントゲン検査はできません!

以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛にお悩みの方はこちら

足の浮き指

2018.05.22 | Category:

女性に急増中!

足の浮き指とは、足の指が地面につかず、力が入らない状態のことです(下記のイラスト参照)。

上から見ただけでは分かりづらいので自覚しにくく、脚やお尻のたるみだけでなく、痛みやこりなどの多くの体の不調につながっていきます。

なぜ女性に急増しているのでしょうか・・・?

それは、ファッション的な靴が原因であるといわれています。

とくに、つま先が細い靴の場合、つま先の圧迫が強く足の5本指が使えない状態となることが考えられています。

本来人間の足は、5本の足の指で地面を確実につかめたり、物をつかめるような機能になっており、足の指がしっかりつかめるほど「土踏まず(アーチ)」も丈夫になります(下記のイラスト参照)。

しかし、足の浮き指の人はそれができないために、足の障害(モートン病、足のむくみ、外反母趾など)はもちろんのこと、腰痛や肩こりなどの原因にもなります。

大事なことは、足の5本指をしっかり使えるようにすることです!

代表的なものとして、タオルギャザー(縦に伸ばしたタオルを足の5本指でつまんで引き寄せる)、足ジャンケンエクササイズ、足の5本指の間を広げるストレッチなどです。

ソックスを足の5本指ソックスにするのもいいと思います。

足には26個の細かい骨があり(下記のイラスト参照)、その細かい骨が強い靭帯で連結されて関節になっており、体の体重を支えて動きを出しています。

つまり、足の浮き指がある人の場合、浮き指だけでなく、足の関節が硬く足の連動した動きが少ない状態になっていることが多いです。

ですので、当院で行っている治療は、足全体の関節に動きをつけて、足の使い方を学習するようなPNF(神経筋促痛法)といわれる方法を行います。

あとは、靴の選び方ですね!

参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛の症状でお悩みの方はこちら

まぶたがピクピクする

2018.05.21 | Category: 症例

今回は、当院の患者様の症例をご紹介させて頂きます。

 

21歳.女性(学生)  左まぶたがピクピクする

数年前から左まぶたがピクピクする感じがあった。

いつもは気付いたら治まっていたが、ここ2週間ほど左まぶたのピクピクは治まらず、毎日症状が出るようになった。

医療機関には通院せず、知り合いに相談したら、まずは当院を紹介され来院。

左まぶたのピクピクは、持続的にピクピクする感じではなく、間欠的にピクピクする感じが気が付くと出ている。

症状はいつ出るかはわからない。

飲んでいる薬はなし。

左まぶたの上がピクピクする(眼輪筋 がんりんきん)。

まぶたがピクピクするのは、眼瞼痙攣(がんけんけいれん)で「眼瞼ミオキミア」の可能性であることと、疲れやストレスが原因であることを説明。

また、脳の異常で起こる可能性もあり、治療して全く変化がなければ医療機関を受診することも説明。

疲れやストレスを軽減させるための治療として、自律神経(じりつしんけい)を整える治療と、左まぶた周囲と顔全体の筋肉を支配している顔面神経を刺激するツボに短く細い鍼で鍼治療(はりちりょう)を実施。

施術終了後、症状が残るようであれば来院を指示して経過を観察・・・

約1週間後、その患者様のお知り合いの方が来院し、施術の会話の中で左まぶたのピクピクが1回の施術で改善したそうです。

 

まぶたがピクピクするという表現は、医学用語で「眼瞼の痙攣(がんけんのけいれん)」といいます。

眼瞼の痙攣が起こる理由ははっきりとは解明されておりませんが、「脳内の運動を抑制する信号に異常が起きて生じている」と考えられています。

その原因として「脳そのものの異常」「疲れやストレス」「抗うつ薬を飲んでいる」などといわれております。

しかし中には、耳たぶの下の奥にある「顔面神経または顔面神経を栄養している血管が圧迫」していることがあり、その場合は脳神経外科で手術をすることもあります。

その眼瞼の痙攣の中で最も多い「眼瞼ミオキミア」についてお話しさせて頂きます。

眼瞼ミオキミアの症状は、まぶたの一部が自分の意志とは関係なく、一時的にピクピクと痙攣し、通常は片側のまぶたに症状が現れます。

疲れやストレスが原因で、疲れやストレスの原因を除去により、数日~数週間で治まると言われております。

この患者様の症例の場合、疲れやストレスがあるかと伺うと「よくわかりません」とお応えされました。

ほとんどの方がそうですが、ストレスの場合、感じているかどうかというのは、わからない事が多いのが事実です!

何がストレスかにもよりますが、なぜなら目に見えないからです。

この患者様の場合、おそらくは眼瞼の痙攣そのものがストレスだったと考察しております。

それで、よりストレスが強くなって眼瞼の痙攣が治まらずにいたと思われます。

何はともあれ治まってよかったです。

参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛の症状でお悩みの方はこちら

 

アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください