- 気象病・天気痛

気象病・天気痛

雨が降ると痛くなる、雨が降ると古傷の痛みが強くなる、台風が近づくと痛くなる、そんなお悩みはありませんか?

天気のせいで痛みを起こし、また体調不良を起こすものを気象病といいます。
気象病は別名「天気痛」ともいわれ、日本全国1,000万人以上の人がお悩みになられているといわれています。

ビニール袋を気圧の低いところに置いておくと膨らむのをご存知ですか?
実はこれと同じ現象が人間の体にも起こっています。
耳の中にある「内耳」という部分には圧を感じるセンサーがあり、雨が降って天気が悪くなると気圧が下がったことを察知して「気圧が下がっている!」という信号を脳に送ります。そして、脳が体を膨らむのを抑えるために縮むように指令を出し、体をコントロールしています。

ところが、わずかな気圧の変化に対して、耳の中にある内耳が過剰に反応を起こし、脳から急激に体を縮むよう指令が出て、自律神経(交感神経)の緊張が起こります。
そうなりますと、体にある小さな血管を過剰に収縮させて血流が悪くなり、痛みや体調不良を起こす人がいます。これが気象病の仕組みになります。

気象病は、耳が敏感な人が起こしやすく、すなわち「三半規管(さんはんきかん)が弱い人」「乗り物酔いをしやすい人」が起こしやすいといわれています。

気象病の代表的な症状

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 坐骨神経痛
  • 関節の痛み
  • めまい
  • 古傷の痛み
  • 交通事故でのむち打ち・・・など

このようなことでお困りではありませんか?

  • 雨が降ると痛い
  • 季節の変わり目になると痛い
  • 台風が近づくと痛い
  • 雨が降ると古傷が痛い
  • 気象病の予防がしたい

気象病は、自律神経(交感神経)の緊張が起こり、耳の中の内耳の圧センサーが過剰に反応し、小さな血管を過剰に収縮させて血流が悪くなります。血流が悪くなると酸素不足が生じて痛みのセンサーが反応して痛みを起こします。

当院では血流を良くするために、気象病の各症状に対しての治療と耳のアプローチをしていきます。また、予防法もお教え致します。
気象病でお悩みの方は、お気軽にご相談ください。


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください