- Blog記事一覧 -枕は高い方がよい?低い方がよい?

枕は高い方がよい?低い方がよい?

2018.07.03 | Category: 豆知識

肩こりがある人、首の寝違えをよく起こす人、首が原因で腕がしびれる人、頚椎ヘルニアと整形外科で言われた人、このようなま患者様に「枕は高い方がよいのか?低い方がよいのか?」という質問があります。

どのような枕がその人にとってよいのかは、非常に難しい問題になります。

まずは、下記のイラストをご覧ください。

この3つの寝ている体勢の中で、どれが一番よい枕の高さだと思いますか?

正解はこちらになります。

これはイラストなのでイメージでしかありませんが、正しい枕の高さは一番上の寝ている姿勢になります。

これが正しい理由は、頚椎のカーブ(首の骨のカーブ)が理想的にリラックスできるポジションにあるからです。

しかし、理想は寝やすい枕が一番で、上記の正しい枕の高さのポジションが必ずしも寝やすいとは限りません。

寝やすい枕というのは、寝返りがしやすく睡眠の質がよい枕がよいということがいえます。

したがって、枕をしないで寝ることは寝返りが困難になる恐れがあるので、注意が必要です。

ただ、首に障害がある場合は(首のヘルニア、頚椎症など)、枕の高さによっては首の痛み、手のしびれが強くなることがあります。

例えば頚椎症(けいついしょう)の場合、首を反らすと頚椎と頚椎の間から手に走行する神経が通り、そこで圧迫されて血流が悪くなって痛むため、なるべく高い枕がよいことがあります(横向きで寝る場合、首の痛み・手のしびれがでる方を上にして寝るのが症状がでにくくなります)。

世の中にはたくさんの枕が販売されており、枕の種類、硬さ、高さに関しては布団やマットレスと同じで、何がよいかははっきりとした答えはありません。

結論的には、枕を使用してみてどの枕がよいかを決めるしかありません。

人によって首のポジションは様々ですから!

以上です。

参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方はこちら


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください