- Blog記事一覧 -足のむくみ

足のむくみ

2018.07.06 | Category:

・長時間立ち仕事をした後に足がむくんでいる

・ずっと座り続けていると足がむくんでいる

などのお悩みがある人が多いと思います。

足のむくみのことを医学的に「下腿浮腫(かたいふしゅ)」といい、皮膚の皮下組織という場所に水が溜まった状態のことをいいます。

特徴は、スネの骨の近くの皮膚を押すと凹みます(凹まない足のむくみの場合は、甲状腺の病気の可能性があります)。

足のむくみが起こる仕組みは主に・・・

・血圧の上昇

・血管の透過性の亢進

・アルブミン浸透圧の低下

の3つになります。

血圧の上昇のむくみの場合、いわゆる測定する血圧(動脈)が上昇するものではなく、静脈、毛細血管、リンパの血行が悪くなって起こるものです。

最も多い長時間座り続けている人や立ち仕事の人は、足の静脈、毛細血管の圧の上昇が原因の足のむくみになります。

すなわち、足の血管は心臓に送るために足の筋肉のポンプ作用によって血液を運び、足の筋力が弱くなったり、同じ体勢で動かさないでいるとポンプ作用が弱まり、結果として毛細血管の圧が上がり足がむくんでしまいます。

また、飛行機でのロングフライト症候群(旧エコノミー症候群)もこれにあたります。

血管の透過性の亢進のむくみの場合、血管は透き通った膜でできており、何らかの原因で血管内から外に水が出ることがあり、これを血管透過性といいます。

わかりやすい例ですと、足を捻挫したときにその部分が腫れませんか?

つまり、炎症が起こると体を守るために血管の透過性が上がり、白血球がケガをした部分に集まり、組織を治そうとする結果として足がむくみます。

アルブミン浸透圧の上昇のむくみの場合、血液やリンパと組織間では、たえず水の移動が行われており、その水の移動は血管内の圧と血漿(けっしょう)というアルブミン浸透圧で移動されています。

血漿のアルブミン浸透圧は、組織間にある水を血管内に移動させる力として働き、もし浸透圧が上昇してしまうと水を血管内に移動する力が追いつかずにむくんでしまいます。

例えば、アルブミン浸透圧の“アルブミン”はタンパク質で肝臓でつくられており、肝臓の病気になりますと、アルブミンの量が低下しむくんでしまいます。

これらが足がむくむ主な仕組みになります。

全身のむくみ、内科的な原因で起こるむくみというものもあります。

心臓の病気、肝臓の病気、腎臓の病気、甲状腺の病気、副腎の病気、ホルモン異常、皮膚の感染症、リンパ管の閉塞などになります。

足のむくみだと思っていても、こういったことも起こる可能性がありますのでご注意ください。

一般的な足のむくみの対処法は(内科的な原因でないもの)以下の通りです。

・足を心臓より高くして寝る

・こまめに足首を動かす

・ウォーキングなどの運動をする

・弾性ストッキングなどで適度に圧迫する(締めすぎ注意!)

があります。

参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方はこちら


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください