- Blog記事一覧 -首の寝違え(症例)

首の寝違え(症例)

2018.07.04 | Category: 患者様の症例

40歳.女性(公務員) 首の寝違え

 

当院への来院4日前に仕事中に徐々に首が痛くなり、翌日朝起きてから首が回せないほど痛みが強くなった。

来院2日前に近くの整形外科に行き、レントゲンを撮ってストレートネックと言われ、痛み止めの薬(ロキソニン)と筋弛緩薬(きんしかんやく)を処方された。

処方薬を飲んでいたが痛みが軽減されず、来院1日前に寝返りでも首の痛みがあり、心配になり当院へ電話予約をして来院。

首の状態は、左側の筋肉の緊張が強く、首を前に倒す動き、上を向く動き、左右に回す動きをしても痛みのために動きの制限がある。

腕への痛み・しびれはなく、首の神経学的な異常はなし。

いわゆる首の寝違えと説明し、首まわり筋肉の異常な緊張、頚椎の動きの制限のため、首まわりの筋肉を緩めることと頚椎に遊びつける(関節の小さな動きをつける)施術を実施。

手技だけの施術と、首にスパイラルテープというものを貼って、施術後に首の動きがかなり改善されて患者様も大喜び。

そして、首が寝違えが起こる仕組みを説明し、姿勢を指導して1回目の施術は終了。

2日後・・・

2回目の来院で首の痛みはかなり軽減して違和感だけになり、また首の動きも正常範囲まで回復した。

2回目の施術で全て終了!

首の寝違えは、早く治療をすればするほど症状が改善しやすくなります。

首の寝違えに限ったことではなく、何らかの症状がありましたら、放置せず早めに治療をしていきましょう。

以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方はこちら


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください