- Blog記事一覧 -捻挫(ねんざ)

捻挫(ねんざ)

2018.07.18 | Category: スポーツでのケガ

捻挫(ねんざ)とは、骨と骨をつなぐ関節が何らかの原因でねじられ、骨以外の靭帯(じんたい)、関節包(かんせつほう)や筋肉などの軟部組織(なんぶそしき)が損傷した状態です。

「捻挫 = 靭帯の損傷」といっしょにすることが多いですが、必ずしもイコールではありません。

代表的な捻挫を起こす場所は、足首が最も多く、次いで膝、肩、肘、手首・指になります。

ほとんどが、スポーツでケガすることが非常に多いです。

捻挫には、損傷度の分類というものがあります。

Ⅰ度損傷(軽症)⇒ 関節の構造物の一部線維の断裂で、関節包は温存されている

Ⅱ度損傷(中等度)⇒ 関節の構造物の部分断裂で、関節包も損傷されることが多い。ときには線維が引き伸ばされた状態になることもある

Ⅲ度損傷(重症)⇒ 関節の構造物の完全断裂で、関節包も断裂している

一般的な捻挫の症状は上記の損傷の分類でいいますと、Ⅰ度損傷(軽症)では、圧痛(傷めた部位を押すと痛い)、軽い腫れ、関節の運動制限を認めることが多く、Ⅱ度損傷(中等度)では、さらに内出血、関節の不安定性が認めることが多く、Ⅲ度損傷(重症)では、Ⅱ度損傷の症状が強くなり、関節がグラつくほどの不安定性が認めることが多いです。

捻挫を評価する場合、まず骨折があるかどうかを確認します(レントゲン検査が確実です)。

関節まわりの組織が損傷をしているため、捻挫の基本施術は安静と患部の固定が必須です。

固定の期間は、症状の程度や年齢によって異なりますが、数日~数週間ぐらい行います。

固定中や固定後には、関節が硬くなりやすいため、手で関節の動きを良くする施術や運動的な体操を行います。

そして、徐々に回復して施術終了となります。

捻挫の応急処置に「アイシング(冷やす)」をしたほうがよいといわれますが、これには賛否両論あり、近年のアメリカのスポーツ医学ではアイシングを完全に否定しています。

その理由は以下の通りです。

「アイシング(冷やす)することによって捻挫の炎症の痛みを軽減することはできるかもしれないが、冷やすことで患部の血流が悪くなり、損傷した組織の回復(再生)を遅らせ、結果治りが遅くなる」

というものです。

つまり、組織を損傷すると患部に「炎症」といわれる体を守る反応が起こり、その体を守る反応をアイシング(冷やす)することによって、炎症を抑えてしまうと逆に害を及ぼす可能性があるという見解です。

いわれてみればその通りで当院では、捻挫のケースによってはアイシング(冷やす)は行いません。

捻挫は、最初にきっちり固定しないと靭帯が伸びたまま再生してしまいます。

そうなりますと、関節に緩みが生じて、少しひねっただけでも踏ん張りがきかずに再び捻挫を起こしてしまうことがあります。

これが、いわゆる「捻挫はクセになる」といった状態です(すでにクセになっている人は対処法が変わります)。

ですので、たかが捻挫とは考えずに、放置せずしっかり治療をしていきましょう!

参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方はこちら


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費治療の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください