- Blog記事一覧 -現代の人に多い低体温症

現代の人に多い低体温症

2018.08.27 | Category: 豆知識

血管は血液が通る管で、血管には太い動脈、静脈、細い毛細血管(もうさいけっかん)があります。

血液は約20秒ほどで全身を駆け巡りますが、それは太い動脈、静脈に限ったお話しです。

重要なのは、人間の体には直径0.01㎜以下の毛細血管があり、髪の毛の10分の1程度の太さになっています。

しかし、細いからといってあなどってはいけません!

なぜなら、血管の約99%を占めているのが毛細血管だからです。

さて、血管の簡単なお話しはここまでとします。

現代の人に多い低体温症とは、体の隅々にある毛細血管(もうさいけっかん)に血液の行き届かない血行不良の状態であり、そのために体の細胞に十分に酸素が供給できないために起こる症状です。

このような調査があります。

1957年に36.9℃あった日本人の平均の平熱体温は、約60年を経た2015年の調査では、36.2℃と約0.7℃下がっています。

その傾向は年々強まっており、近年では若者のほとんどの人の平熱体温は、35℃台になっているという報告もあります。

0.7℃はわずかな変化だと思うかもしれませんが、人間の体にとって大きな影響を及ぼすことも多いです。

なぜなら、体温が1℃低くなると、免疫力は約30%、代謝は約12%低下するからです。

また、体温が37℃以上になるとほとんどの病原菌は死滅します。

本来、病気になるとでる高熱はそのためですが、人間はその前段階の「少し熱っぽい」状態で病原菌を退治しています。

ところが、もともと体温が低い人の場合、その能力も低くなっている可能性があります。

「冷えは万病の元」という言葉を聞いたことあると思いますが、その通りですね!

低体温症は、毛細血管の血行不良の状態で十分に酸素が供給できないために起こるものということでしたが、毛細血管の血行不良が起こるとどうなるのでしょうか?

毛細血管の血行不良が起こると、血液の渋滞を起こし、二酸化炭素や老廃物をうまく吐き出すことが難しくなり血液がドロドロになってしまい、肩こり、足のむくみ、様々な痛みなどを引き起こします。

とくに痛みに関しては、痛みセンサーというものがあり、毛細血管の血流が悪くなって酸素がいかなくなると興奮する仕組みとなっています。

腰で起これば腰痛、頭で起これば頭痛、膝で起これば膝痛になります。

そうならないためには、普段から動くこと・動かすことが大事で、運動や筋トレが重要となります(食事も大事です)。

車の生活は考えものですね。

参考にして頂ければと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

腰痛・坐骨神経痛でお悩みの方はこちら


アクセス情報

所在地

〒193-0833
東京都八王子市めじろ台3-37-7 MMビル1F

【交通】
・京王高尾線 「めじろ台駅」 徒歩5分
・めじろ台方面バス停留所 「めじろ台南」 下車目の前

ご予約について

当院に初めてご来院されるご新規の方、自費施術の方のみ予約可能です。

駐車場のご案内

当院駐車場2台と近隣の駐車場2台(計4台)
※詳しくはお問い合わせください